有料会員限定

東横イン vs. 帝国ホテル、今儲かるのは宿泊特化型 18|ホテル決算

印刷
A
A

宿泊に特化するか、宴会や飲食にも力を入れるかで、利益率に差が出る。

ビジネスホテルの東横インは飲食サービスをビュッフェ形式の朝食などにほぼ限っている(撮影:尾形文繁)

特集「「決算書&ファイナンス」 厳選ノウハウ30」の他の記事を読む

[ RevPAR(1室当たり売上高) ]

「平均客室単価×稼働率」で算出。ホテルの収益力を測る指標で、これに客室数を掛ければ、1日当たりの総売上高がわかる。単価と稼働率は反比例する傾向にある

[ 食材費 ]

宴会・婚礼の機能も持つフルサービス型の名門ホテルは食材費がかさむ。宿泊特化型のビジネスホテルは、近年のように旺盛な宿泊需要の下では利益を出しやすい

訪日外国人客の爆発的増加を背景に、日本中でホテルの開業ラッシュが続く。厚生労働省によると、2018年の客室数は5年前から約8万室増え、160万室を超えた(旅館含む)。

一口にホテルといっても、歴史の長い名門ホテルから、出張客が中心のビジネスホテルまで多種多様だ。そんなホテル業界でとくに重視されている業績指標が、RevPAR(1室当たり売上高、レブパー)である。「平均客室単価×稼働率」で算出される。

RevPARに客室数を掛けると、各ホテルの1日当たり総売上高がわかる。下表のハイアット リージェンシー 大阪とリゾナーレ八ヶ岳の1日当たり総売上高はそれぞれ569万円、530万円。一見すると同等の実力を持つが、ハイアットの客室数は480室で、リゾナーレの3倍弱と多い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「決算書&ファイナンス」 厳選ノウハウ30
「決算書&ファイナンス」 厳選ノウハウ 30
株式投資・ビジネスで勝つ!
すてきナイス、FM東京の闇、経営トップ追放狙った告発か
30|粉飾決算
29|KPI
28|有価証券報告書
27|ヤフー、ZOZOを買収
26|DCF法
25|ファイナンスのQ&A
24|会計利益先行率ランキング100
23|疑似資産ランキング100
22|エーザイ“伝説のCFO"が語る
21|銀行決算
「固定資産」に経営の差、JR北海道とJR九州
20|鉄道決算
19|家具決算
18|ホテル決算
17|外食決算
16|通信決算
過剰投資とインセンティブ、日産はなぜ転落したのか
15|自動車決算
14|絶好調業績ランキング100
13|『会計の世界史』著書が語る
12|リース会計
11|IFRS
05〜10|減価償却、在庫評価、のれん、運転資金…6つの基本用語
01〜04|PL・BS・CSの基礎をマスター
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内