有料会員限定

決算書を読むために押さえるべき会計用語 05〜10|減価償却、在庫評価、のれん、運転資金…6つの基本用語

印刷
A
A

財務諸表を理解するのに知っておきたい会計用語が6つある。

決算短信は企業の成績表。3月期なら5月中旬までに公表される

特集「「決算書&ファイナンス」 厳選ノウハウ30」の他の記事を読む

決算で財務諸表を読むとき、どうしても知っておきたい用語がある。ここでは代表的な6つの会計用語を解説する。

05|減価償却費

企業の稼ぐ力を表すのは営業利益である。だがそれは、設備投資に伴う「減価償却費」の影響を織り込んだ数字であることに、気をつけなければならない。

減価償却は、建物や機械など、長期で使う固定資産を購入した後の会計処理で扱う。購入時に全額を費用計上するのでなく、その資産の利用可能年数で按分し、毎年その額を費用計上するものだ。

例えば、8億円で購入した機械の利用可能年数が10年間の場合、8億円÷10年で8000万円。機械の資産価値は毎年8000万円減っていくと考える。そのため会計処理では、購入時、貸借対照表(BS)の資産の部に機械を簿価8億円で計上するが、損益計算書(PL)で毎年8000万円を費用計上し、資産を10年間、同額ずつ減らしていく。この8000万円が減価償却費だ。

渋谷再開発など大型投資が続く東急では、減価償却負担が当面は利益を圧迫することになる。そこで毎年の新たなビル開業が収益に貢献することをわかりやすく示すよう、同社は営業利益に減価償却費を足し戻したEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)を経営指標として用いている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「決算書&ファイナンス」 厳選ノウハウ30
「決算書&ファイナンス」 厳選ノウハウ 30
株式投資・ビジネスで勝つ!
すてきナイス、FM東京の闇、経営トップ追放狙った告発か
30|粉飾決算
29|KPI
28|有価証券報告書
27|ヤフー、ZOZOを買収
26|DCF法
25|ファイナンスのQ&A
24|会計利益先行率ランキング100
23|疑似資産ランキング100
22|エーザイ“伝説のCFO"が語る
21|銀行決算
「固定資産」に経営の差、JR北海道とJR九州
20|鉄道決算
19|家具決算
18|ホテル決算
17|外食決算
16|通信決算
過剰投資とインセンティブ、日産はなぜ転落したのか
15|自動車決算
14|絶好調業績ランキング100
13|『会計の世界史』著書が語る
12|リース会計
11|IFRS
05〜10|減価償却、在庫評価、のれん、運転資金…6つの基本用語
01〜04|PL・BS・CSの基礎をマスター
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内