ディーラーとして再出発 ヤナセの苦闘と原点回帰


 事実、当時ヤナセに勤めていた営業担当者は「本社の経理担当者から、顧客からの入金を今すぐ送金してくれと何度もせっつかれた。まるで資金繰りに窮した個人商店のようだった」と当時を振り返る。

伊藤忠商事の支援で債務超過を解消

01年の井上隆裕社長就任以後、輸入業からディーラー業への転換という一大構造改革が始まった。

ここでヤナセが重点を置いたのが、新車販売、中古車販売、車検や点検などのアフターサービス強化により、顧客を囲い込むことだった。

特に強化したのがアフターサービス部門。「大きく変わったのが整備士のポジション。彼らに光が当たるようになった」(北河原眞・ヤナセ東京支店長)。地道な裏方部門が、今では営業利益の過半を稼ぎ出す。

また00年に独アウディ、03年にBMW、05年にVWと、いったん輸入権を手放したブランドも含めて、ディーラーとして販売契約を結んだ。さらに中古車販売を強化し、現在は中古車だけで2万台以上を売り上げるまでになっている。

一方で40以上のノンコア事業から撤退した。ピーク時には8000人いた従業員も5000人程度まで減らした。01年9月期には債務超過に陥ったが、03年に伊藤忠商事や日本土地建物を中心に第3者割当増資を実施して債務超過を解消。現在、ヤナセの筆頭株主は伊藤忠商事だ。

07年には営業部門出身の西山俊太郎氏が社長に就任。しかしアメリカの住宅バブル崩壊、08年後半からの金融危機が自動車販売市場を直撃。さらなるスリム化に追われたが、前期の業績底打ちを受け、「守るものはヤナセの黄色いステッカー」とブランド強化に乗り出している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT