【産業天気図・海運業】中国ブームで満船状態。市況高騰の恩恵続く

見渡すかぎり雲1つない「快晴」。定期船部門=コンテナ船は、主力のアジア−北米航路が前年比10%増の荷動き。北米航路以上に好調なのがアジア−欧州航路。中国から拡大EU、ロシアに向け、雑貨・家具・衣料品の輸出が膨張。昨年の数量20%増に続き、今年も20%増と快走中だ。他の不採算路線も黒字化した。
 一方、コンテナ船の新造船が本格的に市場に出てくるのは2006年以降。船腹の逼迫をバックに、北米航路は2年連続の運賃値上げ(年1回の集中交渉)に成功、欧州路線では3カ月ごとに運賃が上がっている。
 不定期船部門の代表格、バラ積み船も中国ブームに沸き返る。とりわけケープ型と呼ばれる巨大な鉄鉱石運搬船の市況は昨年1年で2万ドルから9万ドルに急騰。海運各社のケープ型のコストは、ならせば2万ドル前後。鉄鉱石運搬船は中期契約が中心だから、現下の市況をフルに享受できるわけではないが、7万ドル台の市況が続けば、ケープ型は“宝船”になる。
【梅沢正邦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

人気記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。