有料会員限定

発達する非薬物療法 医療・産業が積極投資

印刷
A
A

研究開発が加速する非薬物療法。効果の検証も徐々に進む。

茨城県の「メモリークリニックとりで」は認知症療法の一環として美術を取り入れる(提供:メモリークリニックとりで)

特集「認知症とつき合う」の他の記事を読む

エレベーターの扉が開くと、大声で笑う高齢者たちがぞろぞろ出てくる。

そこは認知症専門の「メモリークリニックとりで」(茨城県取手市)が入居するビル。出てきたのはちょうどデイケアを終えた集団だった。生き生きとしたその表情と声は、部活動後の生徒のようだ。

同施設には、物忘れを周囲に指摘された人、認知症予防に関心がある人などさまざまな人々が通う。広い敷地内では最大50人が、認知機能を上げるとされる運動、音楽、美術、認知トレーニングにいそしむ。種目によっては、本部のある東京・御茶ノ水から映像が配信され、トレーニングを受ける。

製薬大手が多額の資金を投じても画期的新薬が登場しない抗認知症薬。一方で国内の認知症の人は今後も増え続けて2025年には700万人を超えるともいわれる。

そこで医療や介護の現場では、認知症による症状を何とか緩和しようと、非薬物療法の手法が取られている。下表に示したのは、主な非薬物療法だ。動かなければ体が衰えるように、脳も使用しないでいるとうつ状態やせん妄などを引き起こすことがあるという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
認知症とつき合う
鉄道から自動車まで
専用保険が続々登場
何とかなる、という甘えは捨てよ
独自集計
Interview|名古屋フォレストクリニック 院長 河野和彦
2017年は約10万人が介護離職
認知症は要介護の主要因
「自由に徘徊できる街」目指し14年
Interview|おれんじドア 代表 丹野智文
»»PART2 認知症の人を支える
「認知症は学習療法で予防・改善できる」
Interview|東北大学教授 川島隆太
「本人」も共同研究者に
地域との一体化が進む
認知症になるのは特別なことではない
発症リスクは低減できる
早期発見技術は日進月歩
医療・産業が積極投資
欧米メガファーマの開発は失敗続出
»»PART1 治療と予防の最前線
Q&Aで解説
最新治療から生活費まで徹底ガイド
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内