有料会員限定

血液・網膜で発症リスクを超早期発見 早期発見技術は日進月歩

印刷
A
A

日本が世界を牽引する認知症・MCIの検査技術。健康診断に組み込まれる日もそう遠くないかもしれない。

今年2月。英総合科学雑誌『ネイチャー』に掲載された論文に世界が驚いた。わずか0.5ミリリットルの血液を採ることで、アルツハイマー病や軽度認知障害(MCI)の原因となる脳内病変を検出できるという研究論文である。

この論文に携わったのは、国立長寿医療研究センターの柳澤勝彦研究所長、2002年にノーベル化学賞を受賞した島津製作所の田中耕一シニアフェローなど20人の研究者だ。田中氏はタウという認知症の原因物質に着目したが、認知症治療薬「アリセプト」の開発者・杉本八郎氏との共同研究から2年経っても成果が出ずにいた。そこで田中氏が柳澤氏に声をかけ、1年半の共同研究で目覚ましい成果を上げた。

国立長寿医療研究センター 研究所長 柳澤勝彦
やなぎさわ・かつひこ●1954年生まれ。80年新潟大学医学部卒業。92年東京医科歯科大学助手、2015年から現職。

特集「認知症とつき合う」の他の記事を読む

アルツハイマー病が発症するかなり前(最新の研究では35年前)にタンパク質の一種・アミロイドベータ(Aβ)が脳に蓄積し始める。そのAβの質量分析システムを田中氏の研究チームが開発し、血液検査を担当。柳澤氏は試験全体を統括し、画像解析と血液検査の相関分析を実施した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
認知症とつき合う
鉄道から自動車まで
専用保険が続々登場
何とかなる、という甘えは捨てよ
独自集計
Interview|名古屋フォレストクリニック 院長 河野和彦
2017年は約10万人が介護離職
認知症は要介護の主要因
「自由に徘徊できる街」目指し14年
Interview|おれんじドア 代表 丹野智文
»»PART2 認知症の人を支える
「認知症は学習療法で予防・改善できる」
Interview|東北大学教授 川島隆太
「本人」も共同研究者に
地域との一体化が進む
認知症になるのは特別なことではない
発症リスクは低減できる
早期発見技術は日進月歩
医療・産業が積極投資
欧米メガファーマの開発は失敗続出
»»PART1 治療と予防の最前線
Q&Aで解説
最新治療から生活費まで徹底ガイド
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内