有料会員限定

認知症の人は環境で改善 »»PART2 認知症の人を支える

印刷
A
A

認知症のケアは本人と介護者だけでは完結できない。相談に乗り、支援する理解者が欠かせない。

認知症の実母を介護していた布川佐登美さん。今は実母の住まいを改装して認知症カフェを運営している(撮影:コスガ聡一)

特集「認知症とつき合う」の他の記事を読む

母からの電話が鳴るのは決まって夜12時だった。

布川佐登美さん(59)は、1990年代後半から2007年まで、アルツハイマー型認知症を発症した実母を介護していた。

「おカネがなくなった」「物がなくなった」。電話は大体そんな内容だった。母の救援要請に応じて、東京都府中市の自宅から千葉県柏市にある母の実家へ2時間かけて車を走らせた。深夜2時に着くと、“探し物”の手伝いを2時間ほどし、自宅に戻るのは朝6時。それから子どもの弁当を作って仕事に出た。週に2〜3回はそんな往復だったという。

「私が寝ているときおまえがこっそりおカネを盗っていったせいだ」。認知症の症状である被害妄想に駆られた母は、遠路はるばる来た娘にそんな言葉をぶつけた。

周囲も冷たかった。友人に相談を持ちかけても、「しょうがないでしょう、自分のお母さんなんだから、頑張りなさいよ」。実家の近隣からは「草がぼうぼうだから何とかしてください」と苦情が来た。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
認知症とつき合う
鉄道から自動車まで
専用保険が続々登場
何とかなる、という甘えは捨てよ
独自集計
Interview|名古屋フォレストクリニック 院長 河野和彦
2017年は約10万人が介護離職
認知症は要介護の主要因
「自由に徘徊できる街」目指し14年
Interview|おれんじドア 代表 丹野智文
»»PART2 認知症の人を支える
「認知症は学習療法で予防・改善できる」
Interview|東北大学教授 川島隆太
「本人」も共同研究者に
地域との一体化が進む
認知症になるのは特別なことではない
発症リスクは低減できる
早期発見技術は日進月歩
医療・産業が積極投資
欧米メガファーマの開発は失敗続出
»»PART1 治療と予防の最前線
Q&Aで解説
最新治療から生活費まで徹底ガイド
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内