有料会員限定

「認知症治療薬頼みでは家族は救われない」 Interview|名古屋フォレストクリニック 院長 河野和彦

印刷
A
A
こうの・かずひこ●1958年生まれ。近畿大医学部卒業。医学博士。共和病院老年科部長などを経て2009年開院。著書多数(撮影:今井康一)

特集「認知症とつき合う」の他の記事を読む

これまで30年間、多くの認知症患者を診察してきて、今も年900人の新患が全国から訪れている。長年かけて作り上げてきた認知症治療のマニュアルを「コウノメソッド」としてインターネットで無料公開しており、そのメソッドの実践医は全国各地に約370人いる。

コウノメソッドは、認知症の中核症状よりも周辺症状(BPSD)の治療を優先するというのが最大の特徴だ。周辺症状は無気力やうつ状態などの陰性症状と、暴れたり暴言を吐いたりなどの陽性症状に分かれるが、特に陽性症状をよくすることを重視している。認知症の人の4割にこのような陽性症状が見られるが、家族など介護者が最もたいへんな思いをするのが陽性症状だからだ。

クリニックを訪れる人のうち、認知症の進行そのものを止めてほしいという人は2~3割程度。それより穏やかな生活を送れるようにしてほしいというのが家族の強い願いだ。その思いに応える治療が、認知症治療では何よりも重要だと考えている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
認知症とつき合う
鉄道から自動車まで
専用保険が続々登場
何とかなる、という甘えは捨てよ
独自集計
Interview|名古屋フォレストクリニック 院長 河野和彦
2017年は約10万人が介護離職
認知症は要介護の主要因
「自由に徘徊できる街」目指し14年
Interview|おれんじドア 代表 丹野智文
»»PART2 認知症の人を支える
「認知症は学習療法で予防・改善できる」
Interview|東北大学教授 川島隆太
「本人」も共同研究者に
地域との一体化が進む
認知症になるのは特別なことではない
発症リスクは低減できる
早期発見技術は日進月歩
医療・産業が積極投資
欧米メガファーマの開発は失敗続出
»»PART1 治療と予防の最前線
Q&Aで解説
最新治療から生活費まで徹底ガイド
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内