有料会員限定

認知症の35%は予防できる時代に 発症リスクは低減できる

印刷
A
A

脳への刺激、運動、食事に気をつければ発症リスクを低減できそうだ。

2017年末、英医学専門誌『ランセット』は「アルツハイマー病の35%は予防できる」とする論文を発表した。この論文は、世界各地の専門家24人の研究に基づくもので、エビデンス(科学的根拠)のレベルが高い論文として世界の注目を集めた。

「ついに35%まできた」。1980年代前半から研究してきた認知症予防の草分け的存在、鳥取大学の浦上克哉教授はこの論文を読んで隔世の感を覚えた。「アルツハイマーは治らない病気だから予防できるはずがない」。そんな逆風を30年近く受け続けてきたからだ。

「認知症は(浦上教授が属する)神経内科ではなく精神科の領域」というのが当時の常識。神経内科の主な研究テーマはパーキンソン病や脊髄小脳変性症が中心で、また精神科においても統合失調症、うつ病が中心だった時代の話だ。専攻を聞かれて認知症だと浦上教授が伝えると、「君、変わっているね」と言われたほどだった。

「認知症を予防できる確率はゼロ%、ナッシングだと言われ続けてきたが、エビデンスが積み上がり、今後も予防できる確率が年々上がっていくだろう」(浦上教授)

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
認知症とつき合う
鉄道から自動車まで
専用保険が続々登場
何とかなる、という甘えは捨てよ
独自集計
Interview|名古屋フォレストクリニック 院長 河野和彦
2017年は約10万人が介護離職
認知症は要介護の主要因
「自由に徘徊できる街」目指し14年
Interview|おれんじドア 代表 丹野智文
»»PART2 認知症の人を支える
「認知症は学習療法で予防・改善できる」
Interview|東北大学教授 川島隆太
「本人」も共同研究者に
地域との一体化が進む
認知症になるのは特別なことではない
発症リスクは低減できる
早期発見技術は日進月歩
医療・産業が積極投資
欧米メガファーマの開発は失敗続出
»»PART1 治療と予防の最前線
Q&Aで解説
最新治療から生活費まで徹底ガイド
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内