有料会員限定

エーザイの認知症「画期的新薬」の成算 欧米メガファーマの開発は失敗続出

印刷
A
A

7月6日、開発中のアルツハイマー病治療薬の臨床試験(治験)第2相18カ月の最終解析結果が良好だったとエーザイが発表し、世界を驚かせた。

8カ月前には同じ薬の12カ月中間解析で主要評価項目を達成できなかったと発表したばかり。しかも欧米メガファーマの認知症薬開発は失敗の山という惨状だからなおさらだ。

アミロイドベータ(Aβ)が脳内に沈殿して神経細胞を殺し、認知症を引き起こすと見るのがアミロイド仮説。いま開発中の認知症薬の大半はこの仮説に基づいている。エーザイの薬もその1つで、標的とするAβの凝着体にくっつき除外する抗Aβ抗体を使うタイプに属する。

7月6日の同発表文の冒頭には、「統計学的に有意な症状の悪化抑制と脳内Aβ蓄積の減少を証明」「アミロイド仮説を実証する画期的な結果を取得」とあり、これが本当なら、まさに製薬の世界を一変させる大事件だ。

7月下旬には米国シカゴで開かれたアルツハイマー病の国際学会で、ついにこの薬のデータ解析結果が明らかになった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
認知症とつき合う
鉄道から自動車まで
専用保険が続々登場
何とかなる、という甘えは捨てよ
独自集計
Interview|名古屋フォレストクリニック 院長 河野和彦
2017年は約10万人が介護離職
認知症は要介護の主要因
「自由に徘徊できる街」目指し14年
Interview|おれんじドア 代表 丹野智文
»»PART2 認知症の人を支える
「認知症は学習療法で予防・改善できる」
Interview|東北大学教授 川島隆太
「本人」も共同研究者に
地域との一体化が進む
認知症になるのは特別なことではない
発症リスクは低減できる
早期発見技術は日進月歩
医療・産業が積極投資
欧米メガファーマの開発は失敗続出
»»PART1 治療と予防の最前線
Q&Aで解説
最新治療から生活費まで徹底ガイド
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内