【産業天気図・小売業】猛暑効果が明暗分け「くもり」。コンビニは若干上積みも

総合スーパー各社の上期既存店売上高は、横ばいか、若干の前年割れ。7、8月は猛暑で「昼間のお客が減った。夕方に集中するが、昼間の穴を埋めきれない」との声が強かった。「冷夏よりまし」だが、手放しでは喜べない状況だ。
 イオン、イトーヨーカ堂の2強でも単体業績に下振れ懸念が。ただ、イオンはデベロッパーや金融、ヨーカ堂もコンビニ、銀行など優良子会社でグループ収益を下支えする展開。
 逆にコンビニは気軽に立ち寄れる利便性が効き、暑さは収益増につながった。ただ、コンビニの誤算は上期前半の商戦が苦戦したこと。収益柱である米飯の売れ行きが振るわず、既存店は前年割れに。そのため、猛暑効果があっても、上期前半分を埋めて、少しお釣りが出るくらいだろう。
 セブン‐イレブンは銀行と米国セブンが想定以上で連結の経常利益は上振れそう。ローソン、ファミリーマートも若干の収益上積みの可能性がある。
【堀川美行記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT