「Uberは違法」、台湾当局アクセス遮断を模索

世界の複数都市で営業停止に直面

 12月22日、台湾の交通当局は、米ウーバー・テクノロジーズのタクシー配車サービスが「法に違反している」とし、同社ウェブサイトとアプリへのアクセスが遮断可能かどうかを調査していると明らかにした。10日撮影(2014年 ロイター/Sergio Perez)

[台北 22日 ロイター] - 台湾の交通当局は22日、米ウーバー・テクノロジーズのタクシー配車サービスが「法に違反している」とし、同社ウェブサイトとアプリへのアクセスが遮断可能かどうかを調査していると明らかにした。

交通部のLiang Guo Guo氏は、ウーバーは情報サービス提供の認可を受けているが、輸送サービスの認可は受けていないと述べた。

また、違反行為に対する同社への罰金は、今週末時点で300万台湾ドル(9万5102ドル)超に達すると述べた。

当局は、ウーバーのサイトやアプリへの台湾でのアクセスについて、遮断する法的権限などがあるかどうかを調査しているという。

ウーバーをめぐっては、世界の複数都市で営業停止に直面しているほか、ユーザーのプライバシーの侵害疑いを含む問題が浮上。一方で同社への出資は続いており、17日には中国ネット検索大手の百度(バイドゥ)<BIDU.O>が出資を正式発表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT