「Uberは違法」、台湾当局アクセス遮断を模索

世界の複数都市で営業停止に直面

 12月22日、台湾の交通当局は、米ウーバー・テクノロジーズのタクシー配車サービスが「法に違反している」とし、同社ウェブサイトとアプリへのアクセスが遮断可能かどうかを調査していると明らかにした。10日撮影(2014年 ロイター/Sergio Perez)

[台北 22日 ロイター] - 台湾の交通当局は22日、米ウーバー・テクノロジーズのタクシー配車サービスが「法に違反している」とし、同社ウェブサイトとアプリへのアクセスが遮断可能かどうかを調査していると明らかにした。

交通部のLiang Guo Guo氏は、ウーバーは情報サービス提供の認可を受けているが、輸送サービスの認可は受けていないと述べた。

また、違反行為に対する同社への罰金は、今週末時点で300万台湾ドル(9万5102ドル)超に達すると述べた。

当局は、ウーバーのサイトやアプリへの台湾でのアクセスについて、遮断する法的権限などがあるかどうかを調査しているという。

ウーバーをめぐっては、世界の複数都市で営業停止に直面しているほか、ユーザーのプライバシーの侵害疑いを含む問題が浮上。一方で同社への出資は続いており、17日には中国ネット検索大手の百度(バイドゥ)<BIDU.O>が出資を正式発表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。