有料会員限定

LG、サムスンに勝てるか 熾烈化する車載電池バトル

印刷
A
A

ドイツの自動車メーカーに続き、トヨタ自動車やホンダも電気自動車(EV)に本腰を入れ始めた今、車載電池をめぐるグローバル競争が熾烈化している。

カギを握るのは、EVの世界シェア55%超を占める中国での戦いだ。パナソニックは車載リチウムイオン電池の新工場を大連(遼寧省)に新設し、2017年度に量産を開始。大連からは、ホンダやトヨタへ供給されることになるだろう。

パナソニックと並ぶ大手車載電池メーカーである韓国のサムスンSDIとLG化学は、一足早く15年にそれぞれ西安(陝西(せんせい)省)と南京(江蘇省)でリチウムイオン電池の新工場を稼働させた。

パナソニックを含め、中国に攻め入る外資系電池メーカーにとっての難関は、中国政府による電池の模範基準認証だ。いわゆる「ホワイトリスト」であり、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)で政府の補助金を受けるには、このホワイトリストに登録された電池を搭載しなければならない。現状、認証を得た電池メーカーは中国系に限られる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
パナソニック
号砲鳴る次期社長レース
赤字が続く液晶、半導体
パナソニックは取締役を3割削減
海外や中途の人材が増加
パナソニック 次の100年に必要なこと(2)
パナソニック 次の100年に必要なこと(1)
元トップアナリストが主導
ハイテクだけで勝負しない
本社主導の経営から転換
大企業病は必ず克服できる
新規事業を生み出す組織改革
»»Part2 変貌する巨艦
最後の砦はパナとソニー
熾烈化する車載電池バトル
「モデル3」は立ち上げに苦戦
軸足を家電から車にシフト
»»Part1 EVに託す命運
パナソニック 次の100年
攻めに転じるも課題は山積み
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内