有料会員限定

新しい担い手が登場、奪われる「3大業務」 »»第3章 進化するフィンテック

印刷
A
A

利用者から預金を集め、融資で利息を得る。送金や手形交換などの為替業務でも決済手数料を徴収する。これら預金・融資・為替から成る銀行の3大業務は、長らく銀行の専売特許だった。

この牙城に食い込もうとしているのが、フィンテックベンチャーだ。フィンテックベンチャーは銀行をはじめ金融機関との協業で利用者の獲得やデータの共有を行っているところが多い。だが最近は、銀行のビジネスを奪い取る可能性を持つプレーヤーも現れている。

ブロックチェーン推進協会が今年6月に開いたイベントには、銀行関係者が多数参加した

特集「金融大淘汰」の他の記事を読む

京町家再生ビジネス 救世主は個人の出資

京都市東山区の五条坂下エリアにある古びた町家。この物件を今年取得し、外国人向けの高級宿泊施設に改装しようとしているのが、不動産クラウドファンディングサービスを手掛けるクラウドリアルティだ。

クラウドファンディングとは、ネットを介して少額の出資を主に個人から募ること。クラウドリアルティが7200万円の出資を募ったところ、約3週間で111人の投資家から申し込みがあり満額を調達した。同社によれば、日本で初めて不動産の証券化をオンラインで完結させた事例だという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
金融大淘汰
外資系からの転身組が結集
金融機関の大物も次々合流
最新動向がわかる
窓口、融資、投信販売…
フィンテック連合の元締めが喝破
»»第3章 進化するフィンテック
覆面座談会
「顧客本位」の核心 2
「顧客本位」の核心 1
2大証券 新社長を直撃 2
2大証券 新社長を直撃 1
営業体制を大転換
みずほが描く資産運用戦略
金融庁が目を光らす「銀行支配」からの脱却
»»第2章 待ったなしの改革
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 2
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 1
経営統合か、連携拡大か
トップ級は引く手あまた
異例の人事を連発
安倍政権と一蓮托生
»»第1章 いらだつ金融庁
金融大淘汰
10年後、その銀行はあるか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内