有料会員限定

野村、大和は変われるか 営業体制を大転換

印刷
A
A

証券業界の両雄、野村証券と大和証券が時を同じくして営業体制の改革に動きだした。

野村は、今年4月に森田敏夫氏が社長に就任したタイミングに合わせて、20年間続いてきた同社伝統の「地区制」を解体。全国六つに分けた地区それぞれに置いていた担当役員を、事業法人や地方公共団体など顧客セグメントごとに再配置するとともに、全国158店の支店長を営業部門長の直下に置き直した。

森田社長は、その理由をこう語る。「地区制だと現場は担当役員の顔色を見て仕事をすることが多かった。だが、顧客にいちばん近いのは現場の営業員。彼らを束ねる支店長が中心となって、顧客の動向や地域の特徴に合わせた戦略を打ち出したほうがいい」。

(出所)取材を基に本誌作成

特集「金融大淘汰」の他の記事を読む

一方、大和証券は同じく4月に大和証券グループ本社と子会社の大和証券の社長に中田誠司氏が就任すると、国内の営業体制を従来のトップダウン型からボトムアップ型へと切り替えた。

これまでは本社から各支店にそれぞれの商品ごとの販売ノルマを設定していたが、これを百八十度転換。各支店が商品ごとの毎月の販売目標を本社に伝え、それらを積み上げ全社の月次目標とする。地域別の担当役員の役割も「営業の推進」から「支店のサポート」へと変更した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
金融大淘汰
外資系からの転身組が結集
金融機関の大物も次々合流
最新動向がわかる
窓口、融資、投信販売…
フィンテック連合の元締めが喝破
»»第3章 進化するフィンテック
覆面座談会
「顧客本位」の核心 2
「顧客本位」の核心 1
2大証券 新社長を直撃 2
2大証券 新社長を直撃 1
営業体制を大転換
みずほが描く資産運用戦略
金融庁が目を光らす「銀行支配」からの脱却
»»第2章 待ったなしの改革
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 2
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 1
経営統合か、連携拡大か
トップ級は引く手あまた
異例の人事を連発
安倍政権と一蓮托生
»»第1章 いらだつ金融庁
金融大淘汰
10年後、その銀行はあるか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内