有料会員限定

地銀再編ドミノは加速必至 経営統合か、連携拡大か

印刷
A
A

森信親金融庁長官が「銀行業は規模の利益が働く。統合してコストを削減しようというのは一つの考え方」と語るように、地銀再編はその収益と密接にかかわる。経営状況が厳しくなれば、統合や合併で生き残りを図ろうとする。そこで、2017年3月期の決算からコア業務純益の小さい順にランキングした。

コア業務純益とは、預金・貸し出し、有価証券利息などの収支である資金利益と法人・個人向けの手数料の収支から成り、銀行本来の業務による収益力を示す(計算方法は表下の注に記載)。

島根銀行は唯一、コア業務純益が赤字だった。この赤字は島根銀にとっても初めてで、トップ人事でも異例の交代があった。昨年頭取に就いた青山泰之氏は「健康上の理由」からわずか1年で退任。銀行の取締役を15年に退き、リース子会社の社長を務めていた鈴木良夫氏が17年6月、新頭取に就いた。島根銀行の17年3月期は債券や株の売却益があり、連結最終利益は約10億円の黒字。だが18年3月期もコア業務純益は赤字が続く見通し。6月の会見で鈴木頭取は経営統合などについて「今のところ考えていない」と答えたが、その動向が注目を集めそうだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
金融大淘汰
外資系からの転身組が結集
金融機関の大物も次々合流
最新動向がわかる
窓口、融資、投信販売…
フィンテック連合の元締めが喝破
»»第3章 進化するフィンテック
覆面座談会
「顧客本位」の核心 2
「顧客本位」の核心 1
2大証券 新社長を直撃 2
2大証券 新社長を直撃 1
営業体制を大転換
みずほが描く資産運用戦略
金融庁が目を光らす「銀行支配」からの脱却
»»第2章 待ったなしの改革
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 2
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 1
経営統合か、連携拡大か
トップ級は引く手あまた
異例の人事を連発
安倍政権と一蓮托生
»»第1章 いらだつ金融庁
金融大淘汰
10年後、その銀行はあるか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内