有料会員限定

独占インタビュー|金融庁長官 森信親 »»第1章 いらだつ金融庁

印刷
A
A

「変われない銀行は手遅れになる」

2015年の金融庁長官就任以来、金融機関に変革を求め続けてきた森信親氏。在任3年目に入り、どんな方策を打ち出すのか。

資産運用業界に対する問題意識、地方銀行の経営など、予定の1時間を超えて熱く語った(撮影:今 祥雄)

特集「金融大淘汰」の他の記事を読む

──この1年、何を重視しますか。

長官になる前から金融行政の質を持続的に高めることを一つの考えとしてやってきた。金融は経済に大きな影響を及ぼすとともに、経済の発展に役立つ。金融機関には健全性と金融仲介機能のバランスを取ることが重要であると言ってきた。利用者利便と利用者保護の両立、市場の活力と透明性・公正性の両立も重要だ。全体の中で実現したこともあれば、途上のこともある。

──具体的な手応えは?

監督や検査のやり方を変え、金融機関との対話を進めてきた。顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー、以下FD)の原則も作った。金融機関の行動も変わりつつあると思う。

投信のパンフレットは読んでもわからない

──しかし4月の講演で、資産運用業界に対し、「消費者の利益を顧みない、生産者の論理が横行している」と厳しく指摘しました。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
金融大淘汰
外資系からの転身組が結集
金融機関の大物も次々合流
最新動向がわかる
窓口、融資、投信販売…
フィンテック連合の元締めが喝破
»»第3章 進化するフィンテック
覆面座談会
「顧客本位」の核心 2
「顧客本位」の核心 1
2大証券 新社長を直撃 2
2大証券 新社長を直撃 1
営業体制を大転換
みずほが描く資産運用戦略
金融庁が目を光らす「銀行支配」からの脱却
»»第2章 待ったなしの改革
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 2
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 1
経営統合か、連携拡大か
トップ級は引く手あまた
異例の人事を連発
安倍政権と一蓮托生
»»第1章 いらだつ金融庁
金融大淘汰
10年後、その銀行はあるか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内