有料会員限定

森体制3年目の強力布陣 異例の人事を連発

印刷
A
A

「次は最後までもつれるな」──。7月初め、金融庁の森信親長官の続投に加え、次官級の金融国際審議官、総務企画・監督・検査の3局長の留任が決まったのを受けて、ある銀行幹部はそう口にした。「次」とは来年の長官人事のことである。

3期目に突入した森体制について金融庁幹部は、「従来の延長線上だ。長官が発信していることは一貫している。顧客本位のビジネスモデルを本気で考えなければ金融機関は立ち行かなくなるという問題意識が強い」と話す。幹部留任は、長官がこの1年で総仕上げを行うための布陣といえよう。

年功序列の慣例を破り金融国際審議官が昇格か

仕上げの1年が終わった後、誰が次を担うのか。旧大蔵省入省の年次から見ると1982年組の池田唯一総務企画局長と遠藤俊英監督局長が候補に挙がる。

池田氏は総務企画局長4年目となり、前例のない長期在任となっている。旧大蔵省時代は銀行局や証券局を経験。金融庁の設立準備室に配属され、そのまま金融監督庁(当時)に移っており、金融庁の歴史を知り尽くす人物だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
金融大淘汰
外資系からの転身組が結集
金融機関の大物も次々合流
最新動向がわかる
窓口、融資、投信販売…
フィンテック連合の元締めが喝破
»»第3章 進化するフィンテック
覆面座談会
「顧客本位」の核心 2
「顧客本位」の核心 1
2大証券 新社長を直撃 2
2大証券 新社長を直撃 1
営業体制を大転換
みずほが描く資産運用戦略
金融庁が目を光らす「銀行支配」からの脱却
»»第2章 待ったなしの改革
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 2
地銀トップに聞く 再編時代の戦い方 1
経営統合か、連携拡大か
トップ級は引く手あまた
異例の人事を連発
安倍政権と一蓮托生
»»第1章 いらだつ金融庁
金融大淘汰
10年後、その銀行はあるか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内