(第59回)「選考時期を4年生の夏以降に!?」に対する人事アンケート

●文系と理系、学部生と院生の選考時期が同じでいいのか?

 現在の新卒採用では、すべての学部生・院生を対象とした採用活動が10月1日に始まる「一括採用」だが、これに対しても異論が存在する。
 文系と理系が同じ選考時期でいいのか? 大学院に進学して半年しか経っていないM1から就活をするのはおかしくないか?などだ。

 文系の場合は、3年の夏に必要な卒業単位をすべて取得することのできる大学もある(これ自体が問題かもしれない)。また、不登校でもならないかぎり、だいたい卒業できる。就職戦線がいつスタートしても、学業への影響は少ない。
 理系は違う。理系の先生は、研究にも指導にも熱心だ。学生に山のような演習を課す研究室もあるし、卒研が就活時期とぶつかるので学生が動けない場合もある。理系学生は忙しすぎるのである。

●「文・理、学部・院の採用時期を統一しなくてよいか」に、メーカー人事は規模によって異なる回答

図表3:文系や理系、大学院生などで採用時期を統一することが難しいと思われますか。【メーカー】

図表4:文系や理系、大学院生などで採用時期を統一することが難しいと思われますか。【非メーカー】

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT