【産業天気図・業種別業績予想集計】「会社四季報」2011年1集新春号

「会社四季報」2011年1集・新春号(10年12月発売)の最新データを基にした独自集計によれば、今11年3月期の予想営業利益(金融除く「全産業」ベース)は、前期比47.9%増となる見通し。前10年3月期の実績である4.7%増から大幅に改善しているだけでなく、前10年4集・秋号の予想からも3.5ポイント上昇している。円高という懸念要素がある中でも、日本の産業界は着実に業績回復の足取りを進めている。

業種別にみると銀行・保険を除く31業種中、前期比で営業増益・黒字化となるのは25業種。伸び率が大きいのは鉄鋼(435.2%増)、石油・石炭製品(137.4%増)、電気機器(128.9%増)、機械(126.2%増)など。黒字化するのは海運、空運、その他金融の3業種だ。また、9月の前号予想から予想営業利益の合計額が上方修正された産業は20業種に上る。
 
 一方、前期比で営業減益となるのは、証券(63.3%減)、その他製品(14.8%減)、パルプ・紙(7.1%減)、医薬品(6.5%減)、鉱業(3%減)、食料品(1.7%減)の6業種。前期の11業種から大幅に減少している。

四季報記者の予想では来12年3月期は、石油・石炭を除く全産業が増益に転じる見通し。全産業が金融危機のショックから脱出するとみられる。ただ一方で、景気の底からの反動増の勢いも一巡しそうだ。

来期の予想営業利益(金融除く「全産業」ベース)は、今期比10.2%増と、今期予想に比べて37ポイント減が見込まれている。業種別にみると、証券の157.7%増が伸び率トップで、以下にその他製品(25.9%増)、鉄鋼(20.6%増)、金属製品(17.1%増)が「続く。多くの業種で増益幅が急速に縮まることになる。また、製造業が来期も12.9%増(今期71.4%増予想)と2ケタ成長をかろうじて維持するのに対し、非製造業は6.7%増(今期25.1%増)に後退する。

金融危機後、上場各社は大幅な資産・人員リストラなどを通して収益力の改善を図った。来期はその改革効果がいよいよ剥落する一方で、外需産業では円高、内需産業では消費不況という厳しい環境に直面することになる。長い停滞の始まりか、新しい成長の地平が見えるのか--日本の産業界の底力が問われるのはこれからだ。

■次ページに業種別営業利益・純利益予想の集計表を掲載

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。