有料会員限定

一流ビジネススクール 強さの秘密は人的ネット ▶▶PART1 エリート教育 世界の最前線

印刷
A
A
ハーバード大学での卒業式。同大は世界のエリートを輩出してきた(本文とは直接関係ありません)(Boston Globe via Getty Images)

特集「グローバルエリートを育成せよ」の他の記事を読む

経営リーダーへの登龍門
ビジネススクールがビジネスそのもの

世界各国がエリートの育成に力を入れている。エリートやリーダーの質が国力と密接に関係するからだ。欧米、アジアの最新事情に迫った。

6月初旬土曜の朝、青空が広がる米国・ボストン。「1年でいちばん忙しいイベントなのです」と広報担当者が説明するように、ハーバード・ビジネススクール(HBS)の芝生公園は、老若男女でごった返していた。「若」は2006年卒から、「老」は1941年卒まで。卒業年次の違う、計9期のHBS卒業生とその家族が集まった。

「リユニオン」と呼ばれるHBSの同窓会は、現役の学生が卒業して校舎が空く毎年6月に実施される。米国のビジネススクールは学費以外にも卒業生からの寄付金が重要な資金源。同窓会で学校側が活動内容を報告するのは、スポンサーに対する一種の説明責任を果たすためだ。

HBSのリユニオンでは、各教授による研究報告や、プライベート・エクイティといったビジネス色の強い討論会から同性愛協会の集まりまで、色彩豊かな催しが紹介された。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
グローバルエリートを育成せよ
サッカー海外組に学ぶ世界への適応法
スポーツ界のグローバル化
藤原和博/三谷宏幸/石黒不二代 に聞く
新卒採用もグローバル化の時代
適性、英語力、コスト別に海外受験のプロが指南!
日本に新風吹き込む2人の“教育起業家"
世界を目指す中高一貫校
[INTERVIEW]東京大学副学長 田中明彦
▶▶PART2 日本もついに動き始めた
教育社会学者が見た、日英トップ大学の違い
政財界に指導者を輩出し続ける
知的立国へと邁進するシンガポール
過熱する韓国の英才教育
[韓国]開学24年で世界ランク28位
「中国で最も有名な日本人」が語る
[中国]エリートは皆、米国を目指す
イェール大学エイミー・チュア教授に聞く
ジョン・エチェメンディ(学長補佐)に聞く
寄付基金は2兆円超、資産のリターンは11%
▶▶PART1 エリート教育 世界の最前線
グローバルエリートを育成せよ
燃え上がる世界教育戦争
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内