有料会員限定

トップ人材を招聘、アメとムチで論文競争 知的立国へと邁進するシンガポール

印刷
A
A

「シンガポールはノーベル賞を取らせるために『研究投資』をしているのではない」 シンガポールという国家における教育・研究のありようを端的に示すものとして、時に称賛、時に皮肉を込め、シンガポールで人々が口にする言葉だ。実際、シンガポール人のノーベル賞受賞者は過去に1人も出ていない。この国で、研究とは投資を意味するのだ。

一切の天然資源を持たず、交易と産業によって発展を遂げてきた人口500万人のシンガポールは、2010年、国民1人当たりのGDPが日本を超え4万3000ドルに達した。同年の経済成長率は14.7%。それでも、国家の指導者たちがつねに国民に対し、「how to survive」(いかに生き残っていくか)と語りかけるお国柄だ。

「資源の乏しいシンガポールのような小国にとって、人材は決定的な要素といえる」。シンガポール建国の父、リー・クアンユーは回顧録の中でこう語った。人材は「最大の資源」として重視され、大学教育や研究も国家生存に役立つ人材養成の手段との位置づけだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
グローバルエリートを育成せよ
サッカー海外組に学ぶ世界への適応法
スポーツ界のグローバル化
藤原和博/三谷宏幸/石黒不二代 に聞く
新卒採用もグローバル化の時代
適性、英語力、コスト別に海外受験のプロが指南!
日本に新風吹き込む2人の“教育起業家"
世界を目指す中高一貫校
[INTERVIEW]東京大学副学長 田中明彦
▶▶PART2 日本もついに動き始めた
教育社会学者が見た、日英トップ大学の違い
政財界に指導者を輩出し続ける
知的立国へと邁進するシンガポール
過熱する韓国の英才教育
[韓国]開学24年で世界ランク28位
「中国で最も有名な日本人」が語る
[中国]エリートは皆、米国を目指す
イェール大学エイミー・チュア教授に聞く
ジョン・エチェメンディ(学長補佐)に聞く
寄付基金は2兆円超、資産のリターンは11%
▶▶PART1 エリート教育 世界の最前線
グローバルエリートを育成せよ
燃え上がる世界教育戦争
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内