有料会員限定

子どもをグローバルにする4つの方法教えます 適性、英語力、コスト別に海外受験のプロが指南!

印刷
A
A

教育は目の前の流行を追う仕事ではありません。大切なのは、5年後、10年後の社会をイメージしながら、教育を行うことです。現在の中学1年生が社会に出る10年後には、日本の社会も、そこで求められる人材像も、大きく変化しているはずです。

海外進学はリスクが高いと思われていますが、今は国立大学の卒業生でさえ就職に苦労する時代です。日本の大学に進学するリスクと、規定のルートを外れて海外進学するリスクの間に、あまり差がなくなってきているように感じます。

最近は留学に関する問い合わせも多く、ベネッセが実施しているSAT(米国の大学進学適性試験)対策模試の申込者も増えています。近年、日本からの留学生は減少していますが、2~3年後から反転するのではないかと予測しています。

東大合格者でも英語力は短大留学レベル

しかし、留学には向き不向きがあります。たとえば、受け身で指示待ちの子や、安定を求める子は、国内の大学に進学したほうが無難です。逆に、「将来、海外で活躍したい」という明確な方向性を持っている子は、たとえ現時点で英語力が足りなくても、留学を勧めます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
グローバルエリートを育成せよ
サッカー海外組に学ぶ世界への適応法
スポーツ界のグローバル化
藤原和博/三谷宏幸/石黒不二代 に聞く
新卒採用もグローバル化の時代
適性、英語力、コスト別に海外受験のプロが指南!
日本に新風吹き込む2人の“教育起業家"
世界を目指す中高一貫校
[INTERVIEW]東京大学副学長 田中明彦
▶▶PART2 日本もついに動き始めた
教育社会学者が見た、日英トップ大学の違い
政財界に指導者を輩出し続ける
知的立国へと邁進するシンガポール
過熱する韓国の英才教育
[韓国]開学24年で世界ランク28位
「中国で最も有名な日本人」が語る
[中国]エリートは皆、米国を目指す
イェール大学エイミー・チュア教授に聞く
ジョン・エチェメンディ(学長補佐)に聞く
寄付基金は2兆円超、資産のリターンは11%
▶▶PART1 エリート教育 世界の最前線
グローバルエリートを育成せよ
燃え上がる世界教育戦争
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内