有料会員限定

オックスフォードにあって東京大学にないもの 教育社会学者が見た、日英トップ大学の違い

印刷
A
A
英語圏で最古の大学であるオックスフォード。これまでサッチャー、ブレア、キャメロンなど多くのリーダーを輩出してきた(Getty Images)

特集「グローバルエリートを育成せよ」の他の記事を読む

オックスフォード大学(OXFD)にあって、東京大学にないものは、カレッジ(学寮)という仕組みと、そこで行われるチュートリアルと呼ばれる個別指導中心の教育である。逆に東大にあってOXFDにないのは、単位制と単位取得を目的とした(大人数の)講義形式の授業である。ここに両大学の教育の違いが集約されている。

2005年の東大学生生活実態調査によれば、週日東大生が大学の授業に費やす時間は平均4時間50分、授業外での学習は1時間51分。ここからわかるのは、東大生の学習の中心は大学での授業であり、授業準備を含めた自学自習の時間がその半分にも満たないということだ。以下、文系に議論を限れば、文献講読などのゼミもあるが、多くの授業は講義形式だ。しかも、その多くは文献講読の予習を課さない。リポートが課されたとしても、学期中に1~2回の小論文である。

学生は卒業に必要な単位の取得を目指し、1学期に12~15コマの授業を履修する。非常勤講師を含めれば、おびただしい数と種類の講義が開講されており、知識の提供という面では多様な教育が行われている。ただし、ゼミで発表したり、発言を求められたりしないかぎり、学習の成果として知識を駆使し「自分の考え」を表明する機会は少ない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
グローバルエリートを育成せよ
サッカー海外組に学ぶ世界への適応法
スポーツ界のグローバル化
藤原和博/三谷宏幸/石黒不二代 に聞く
新卒採用もグローバル化の時代
適性、英語力、コスト別に海外受験のプロが指南!
日本に新風吹き込む2人の“教育起業家"
世界を目指す中高一貫校
[INTERVIEW]東京大学副学長 田中明彦
▶▶PART2 日本もついに動き始めた
教育社会学者が見た、日英トップ大学の違い
政財界に指導者を輩出し続ける
知的立国へと邁進するシンガポール
過熱する韓国の英才教育
[韓国]開学24年で世界ランク28位
「中国で最も有名な日本人」が語る
[中国]エリートは皆、米国を目指す
イェール大学エイミー・チュア教授に聞く
ジョン・エチェメンディ(学長補佐)に聞く
寄付基金は2兆円超、資産のリターンは11%
▶▶PART1 エリート教育 世界の最前線
グローバルエリートを育成せよ
燃え上がる世界教育戦争
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内