有料会員限定

スタンフォード大学の強さの秘密を教えよう ジョン・エチェメンディ(学長補佐)に聞く

印刷
A
A

米国東海岸の雄がハーバード大なら、西海岸の雄はスタンフォード大。シリコンバレーに位置する同大学は、起業家養成のメッカだ。その強さの秘密はどこにあるのか。大学のナンバー2、ジョン・エチェメンディ学長補佐に聞いた。

スタンフォード大学学長補佐 ジョン・エチェメンディ
John Etchemendy / 1952年ネバタ州生まれ。ネバタ大学リノ校卒業後、スタンフォード大学で博士号取得(哲学)。83年より同大学で教える。2000年より現職。

──スタンフォード大学に代表される一流大学の、教育面での強みとは何でしょうか。

米国の大学制度が持つ文化的な強みの一つは、学生と教師の関係性にある。両者の間に上下関係がなく、学生が教師に挑んでくるのだ。もちろん、学生は教師に対して礼節をもって接するが、自動的に服従することはない。

教員同士の関係も同様で、上下関係はない。正教授と准教授の区別はあるが、准教授は正教授の指図は受けない。准教授の研究を正教授が指揮することもない。実力主義が貫かれているのだ。実際、准教授の中には、多くの正教授より高い報酬を得ている人もいる。

専門分野内において若輩の教員が年長の教授の見解に異議を唱えようとすることは、その分野の進歩にとって非常に重要なことだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
グローバルエリートを育成せよ
サッカー海外組に学ぶ世界への適応法
スポーツ界のグローバル化
藤原和博/三谷宏幸/石黒不二代 に聞く
新卒採用もグローバル化の時代
適性、英語力、コスト別に海外受験のプロが指南!
日本に新風吹き込む2人の“教育起業家"
世界を目指す中高一貫校
[INTERVIEW]東京大学副学長 田中明彦
▶▶PART2 日本もついに動き始めた
教育社会学者が見た、日英トップ大学の違い
政財界に指導者を輩出し続ける
知的立国へと邁進するシンガポール
過熱する韓国の英才教育
[韓国]開学24年で世界ランク28位
「中国で最も有名な日本人」が語る
[中国]エリートは皆、米国を目指す
イェール大学エイミー・チュア教授に聞く
ジョン・エチェメンディ(学長補佐)に聞く
寄付基金は2兆円超、資産のリターンは11%
▶▶PART1 エリート教育 世界の最前線
グローバルエリートを育成せよ
燃え上がる世界教育戦争
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内