有料会員限定

鉄は熱いうちに打て、名門高校の超スパルタ 過熱する韓国の英才教育

印刷
A
A

韓国科学英才学校

「上に果てはあるか?」。さて、その答え、とは──。

一見、とんちクイズのようだが、これは韓国屈指のエリート校、韓国科学英才学校の入試問題だ。同校の李春根(イ・チュングン)教頭が言う。

「先の質問には正答などない。学生がどう考えるか、その思考プロセスが大事なのです」 韓国第2の都市、釜山市内の中心部から車で約20分。高台にある校内には近代的な建物がパズルのように立ち並ぶ。高校というより大学のキャンパスといった雰囲気だ。

科学を中心に少人数クラスで徹底的に教育する

特集「グローバルエリートを育成せよ」の他の記事を読む

同校は英才教育振興法(2000年制定、以下英教法)により02年、韓国で初めて英才高校として指定され、前身の釜山科学高校(1991年開校)から全寮制の科学英才高校に生まれ変わった。

09年には、理工系の名門国立大学、KAIST(カイスト・韓国科学技術院)の付属校となった。1学年150人ほどのうち、およそ3分の2が同大に進学、それ以外にもソウル大学や浦項工科大学、そして、ここ数年では毎年15~20名が海外の有力大学へ進学している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
グローバルエリートを育成せよ
サッカー海外組に学ぶ世界への適応法
スポーツ界のグローバル化
藤原和博/三谷宏幸/石黒不二代 に聞く
新卒採用もグローバル化の時代
適性、英語力、コスト別に海外受験のプロが指南!
日本に新風吹き込む2人の“教育起業家"
世界を目指す中高一貫校
[INTERVIEW]東京大学副学長 田中明彦
▶▶PART2 日本もついに動き始めた
教育社会学者が見た、日英トップ大学の違い
政財界に指導者を輩出し続ける
知的立国へと邁進するシンガポール
過熱する韓国の英才教育
[韓国]開学24年で世界ランク28位
「中国で最も有名な日本人」が語る
[中国]エリートは皆、米国を目指す
イェール大学エイミー・チュア教授に聞く
ジョン・エチェメンディ(学長補佐)に聞く
寄付基金は2兆円超、資産のリターンは11%
▶▶PART1 エリート教育 世界の最前線
グローバルエリートを育成せよ
燃え上がる世界教育戦争
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内