有料会員限定

成毛眞の「STEM教室」授業参観 思わず「子どもってスゲェな~」

印刷
A
A
(撮影:梅谷秀司)

特集「「食える子」を育てる」の他の記事を読む

「すごい! これ、ピボットターン(左右の移動部分のうち、片方だけを動かして旋回すること)ができるようになっているんだ」。HONZ代表の成毛眞氏は、教室の隅に置かれたロボットを手に取り、驚きの声を上げた。

ここは子ども向けのIT・ものづくり教室「LITALICO(リタリコ)ワンダー」(東京・渋谷)。成毛氏のような、教育に関心の高い人の間で今バズワードとなっている「STEM教育」教室の一つだ。

機械との競争を勝ち抜く学び

STEMとは、サイエンス(科学)、テクノロジー(技術)、エンジニアリング(工学)、マスマティクス(数学)の頭文字による造語。総合的な理系教育を指すが、従来型の教育とは異なり、プログラミングやデータサイエンスなどハイテク分野に重点を置くのが特徴だ。AI(人工知能)やロボットがビジネスと社会を激変させる近未来を生き抜くために、必要な学びとされている。

STEMという言葉は2000年代半ばからあるが、日本で注目されたのは08年のバラク・オバマ前米大統領の就任がきっかけ。「科学のあるべき姿を回復する」。就任時にそう宣言し、科学技術分野の高度人材育成を政策の柱に据えたのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「食える子」を育てる
大谷翔平、萩野公介、石川佳純の育ち方
[INTERVIEW]花まる学習会代表・高濱正伸
おカネで解決から助かる高齢者まで
教育ビジネス興隆の一方で社会問題化
水泳、サッカー、ダンス…何の役に立つ?
学力だけでは人生にとって十分ではない
小学5年生、不動の1位はスポーツ
開成・灘卒業生の追跡調査でわかった
知識や解法テクニックだけではもう勝てない
[INTERVIEW]鳥飼玖美子・立教大名誉教授
「1年でも早く始めるべき」というのは本当か
[INTERVIEW]夏野剛、藻谷浩介
[INTERVIEW]品川女子学院校長・漆紫穂子
子どもの関心と予算に合う教室を探そう!
ゲーム習慣と子どもの成長に負の相関はあるが
[INTERVIEW]民間学校代表・竹内薫
英語でロボット操作、学習塾も理科実験
長谷川敦弥LITALICO社長×成毛眞
思わず「子どもってスゲェな~」
カギを握るのは2極化する高校
21世紀に変貌する読み・書き・そろばん
[INTERVIEW]一条高校校長・藤原和博
「食える子」を育てる
21世紀の読み・書き・そろばん
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内