有料会員限定

幼少期の英語は効果小、まず親が学びなさい! [INTERVIEW]鳥飼玖美子・立教大名誉教授

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

鳥飼玖美子氏は日英同時通訳の草分けだが、英語を真剣に始めたのは高校生と意外に遅い。自身の学習歴と若者への指導経験を基に、幼少期の英語学習に一貫して否定的な鳥飼氏に考えを聞いた。

立教大学 名誉教授 鳥飼玖美子
とりかい・くみこ / 1969年、上智大学外国語学部(イスパニア語学科)卒業、英サウサンプトン大学大学院博士課程修了(通訳学)。著書に『本物の英語力』など。(撮影:風間仁一郎)

特集「「食える子」を育てる」の他の記事を読む

──幼児英語熱は高まる一方です。

背景にあるのは親や先生ら大人の「幼児期に英語を始めさえすれば、苦労せず自由自在に使えるようになる」という思い込みだ。しかしそれは幻想以外の何ものでもない。外国語であるかぎり、どこかで意識的な苦労をしなければ使いこなせないことを、大人がまず認識すべきだ。

英語に限らず、一般的に人間は5〜6歳までに約3万時間を費やして母語を習得する。またその過程は家族ら、子どもに深い関心を持つ大人との濃密なコミュニケーションで支えられている。単にシャワーを浴びるように音声を聞くだけでは、英語は学べないのだ。

「中・高・大学で10年間勉強したが英語ができない」と嘆く人がいるが、10年のうち真水の学習時間を積み上げるとせいぜい2カ月。そこに幼児学習を足したところで、母語を習得する3万時間との差は埋めようがない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「食える子」を育てる
大谷翔平、萩野公介、石川佳純の育ち方
[INTERVIEW]花まる学習会代表・高濱正伸
おカネで解決から助かる高齢者まで
教育ビジネス興隆の一方で社会問題化
水泳、サッカー、ダンス…何の役に立つ?
学力だけでは人生にとって十分ではない
小学5年生、不動の1位はスポーツ
開成・灘卒業生の追跡調査でわかった
知識や解法テクニックだけではもう勝てない
[INTERVIEW]鳥飼玖美子・立教大名誉教授
「1年でも早く始めるべき」というのは本当か
[INTERVIEW]夏野剛、藻谷浩介
[INTERVIEW]品川女子学院校長・漆紫穂子
子どもの関心と予算に合う教室を探そう!
ゲーム習慣と子どもの成長に負の相関はあるが
[INTERVIEW]民間学校代表・竹内薫
英語でロボット操作、学習塾も理科実験
長谷川敦弥LITALICO社長×成毛眞
思わず「子どもってスゲェな~」
カギを握るのは2極化する高校
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内