有料会員限定

違う学年の子と外遊び、野外活動も効果的 [INTERVIEW]花まる学習会代表・高濱正伸

印刷
A
A

「メシが食える大人にする」という教育理念を掲げる塾が、花まる学習会だ。高濱正伸代表は学力のみならず、人間力も育む場として野外体験を推奨してきた。ただ都会っ子は、そうした体験を日常的に積むことが難しい。親はどうすればよいのか、高濱代表に聞いた。

花まる学習会 代表 高濱正伸
たかはま・まさのぶ / 1959年生まれ。東大大学院修了。1993年「花まる学習会」設立。『わが子を「メシが食える大人」に育てる』など著書多数。(撮影:梅谷秀司)

特集「「食える子」を育てる」の他の記事を読む

──「メシが食える大人にする」というモットーを長年掲げてきました。

メシが食える力の基礎は何といっても幼児期や学童期に培われる。この時期にどんな力を鍛えるかが重要。いくつかの要素があるが、ここでは3つ挙げる。

まずは自分で「考える力」。その1つは図形の補助線をイメージしたり空間を認識したりする、見えないものを“見る力”だ。これは相手の心を考え、話の要点をつかむうえでも同様。見えないものをイメージすることが考える力につながる。

その力を育てるには、外遊びがいちばんいい。理系のノーベル賞受賞者の多くも、子ども時代は自然豊かな土地で存分に遊んでいる。花まる学習会が野外体験を実施し続けるのも同じ理由だ。また最後まで自分で考える、いわば「詰める力」も大切だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「食える子」を育てる
大谷翔平、萩野公介、石川佳純の育ち方
[INTERVIEW]花まる学習会代表・高濱正伸
おカネで解決から助かる高齢者まで
教育ビジネス興隆の一方で社会問題化
水泳、サッカー、ダンス…何の役に立つ?
学力だけでは人生にとって十分ではない
小学5年生、不動の1位はスポーツ
開成・灘卒業生の追跡調査でわかった
知識や解法テクニックだけではもう勝てない
[INTERVIEW]鳥飼玖美子・立教大名誉教授
「1年でも早く始めるべき」というのは本当か
[INTERVIEW]夏野剛、藻谷浩介
[INTERVIEW]品川女子学院校長・漆紫穂子
子どもの関心と予算に合う教室を探そう!
ゲーム習慣と子どもの成長に負の相関はあるが
[INTERVIEW]民間学校代表・竹内薫
英語でロボット操作、学習塾も理科実験
長谷川敦弥LITALICO社長×成毛眞
思わず「子どもってスゲェな~」
カギを握るのは2極化する高校
21世紀に変貌する読み・書き・そろばん
[INTERVIEW]一条高校校長・藤原和博
「食える子」を育てる
21世紀の読み・書き・そろばん
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内