有料会員限定

ビジネスマンの近現代史ブックガイド50冊 国家、保護主義、ナショナリズムがわかる

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小

編集協力:仲宇佐ゆり

近代に起こった二つの世界大戦。第1次世界大戦(1914〜18年)では1000万人、第2次大戦(1939〜45年)では5000万人以上が亡くなったといわれる。空前の規模の殺し合いを経ても、今なお軍事紛争がやむことはない。

国家が戦争に突き進む原因は、政治的なイデオロギー対立、経済的な覇権争い、宗教対立、領土紛争、資源獲得などいくつもあるが(それは複合的であることが多い)、戦争を支持する国民の世論も国家を戦争へとかき立てる動力となる。国や民族への忠誠意識=ナショナリズムは、政府にさえコントロールできなくなる。

日本でも、日露戦争(1904〜05年)の講和条約においてロシアから賠償金を得ることができなかったため、これに不満を持つ民衆が東京・日比谷で暴動を起こし建物に放火する事件が起きた。

国民国家の成立、産業革命による重工業の発展、そして西洋列強による帝国主義、資本主義のアンチテーゼとして誕生した社会主義は、戦争の原因を複雑にし、その惨禍を甚大なものにした。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスマンのための近現代史
共産主義はなぜ全世界に広がらなかったのか
「日本は特別」と考える理由は天皇の存在
亡国のポピュリズム、今よみがえる戦前の影
ワイマール共和国からナチズムへ転落のなぜ
反共からポピュリズムへ、支持集める国民戦線
内向きになるとき、国家は領土にしがみつく
大国に挟まれた韓国のナショナリズムと世界観
共産党一党独裁下の大衆扇動が招いた悲劇
中国の権力闘争は二千年来の歴史からの必然
米国/反権威としてのトランプ、米国の大衆性
勢いづくポピュリズムの対立軸を読み解く
▶▶Part2 近現代史が語る時代への教訓
国家、保護主義、ナショナリズムがわかる
産業革命、市民革命、国民国家、民法典が大事
ビジネスマンのための「なるほど歴史講座」
2世紀ぶりに世界の中心は欧米からアジアへ
▶▶Part1「いま」がわかる歴史の読み方
ナショナリズム、ポピュリズム、保護主義
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内