有料会員限定

ドイツ/教養層への反感がヒトラー台頭許した ワイマール共和国からナチズムへ転落のなぜ

印刷
A
A
1933年の授権法により首相のヒトラーは国家の全権を手にした。右はワイマール共和国の最後の大統領ヒンデンブルク(picture alliance / アフロ)

特集「ビジネスマンのための近現代史」の他の記事を読む

1871年に統一されたドイツ帝国の政治風土は、カトリック的、社会主義的、市民的、保守主義的な四つの政治文化に分かれていた。

第1次世界大戦後、ワイマール共和国(1919〜33年)になっても、その構造は基本的に同じだった。しかし、30年以降ナチが急激に勢力を伸ばす時期に、カトリックと社会主義の勢力に変化は少なかったのに対し、保守派と市民的勢力は衰退し、特に市民派は壊滅的に凋落した。

ワイマールからナチへの暗転──。

共和国の支持基盤は社会民主党と市民的諸政党にあった。しかし市民階級の一体性を維持していた理念は、しだいに説得力を失った。そして、市民的な理念を支持する伝統的勢力とこれを否定する新しい勢力に分裂し、一体性は崩壊した。新しい市民層は旧来の市民的諸政党から離反しナチ党に期待した。

市民的政党とともに凋落したのは教養市民層の思想である。大学教育を受けた官僚や教授はドイツの支配層であったが、作家、芸術家などを含め彼らを教養市民層と呼ぶなら、19世紀以来、ドイツ市民層の社会文化意識をイデオロギー的に代弁していたのは教養市民層、とりわけ教授であった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスマンのための近現代史
共産主義はなぜ全世界に広がらなかったのか
「日本は特別」と考える理由は天皇の存在
亡国のポピュリズム、今よみがえる戦前の影
ワイマール共和国からナチズムへ転落のなぜ
反共からポピュリズムへ、支持集める国民戦線
内向きになるとき、国家は領土にしがみつく
大国に挟まれた韓国のナショナリズムと世界観
共産党一党独裁下の大衆扇動が招いた悲劇
中国の権力闘争は二千年来の歴史からの必然
米国/反権威としてのトランプ、米国の大衆性
勢いづくポピュリズムの対立軸を読み解く
▶▶Part2 近現代史が語る時代への教訓
国家、保護主義、ナショナリズムがわかる
産業革命、市民革命、国民国家、民法典が大事
ビジネスマンのための「なるほど歴史講座」
2世紀ぶりに世界の中心は欧米からアジアへ
▶▶Part1「いま」がわかる歴史の読み方
ナショナリズム、ポピュリズム、保護主義
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内