有料会員限定

韓国/小国ゆえにこだわる「正しい」民主主義 大国に挟まれた韓国のナショナリズムと世界観

印刷
A
A
「正しい民主主義」を叫び、朴槿恵大統領の辞任を求める市民(時事)

特集「ビジネスマンのための近現代史」の他の記事を読む

「日中米ロ4大国の狭間に置かれた朝鮮半島」。韓国や北朝鮮をめぐる国際関係を語るうえでよく使われる表現である。このような朝鮮半島固有の地政学的状況は、その歴史にも長い影を落としている。強調されるのは中国と日本の間に置かれた悲哀であり、両者から繰り返し侵略を受けた歴史である。

しかし、朝鮮半島の長い歴史では、中国と日本の影響はその重要性のレベルが異なる。とりわけ前近代において、中国の影響は政治面だけでなく文化面でも莫大だったが、日本からの影響は限定的だった。両者の重要性を分けたのも、地政学的位置だった。海を隔てた日本からの影響は限定されていたからである。

朝鮮半島にとって中国がどれだけ厄介だったかは、地図を見るだけでもわかる。韓国の首都ソウルから北京までは、直線距離にして約1000km。その距離は、東京と福岡間程度でしかない。しかも陸続きだ。

小国ゆえの悲哀とアイデンティティ

だからこそ、朝鮮半島の歴史は中国に揺さぶられた。新羅の朝鮮半島統一(676年)は、隋・唐の中国再統一と時期を同じくし、高麗への王朝交代(936年)の背景にも唐崩壊に伴う東アジアの混乱があった。中国の影響は、その首都が北京に移された後、より顕著になった。モンゴルとの戦いに敗れた高麗は、元の衰退とともに、勃興する明との間での選択を迫られ混乱し、主流派の意に反し、明を選択する反乱(1388年、威化島回軍)を起こした李成桂(太祖)が朝鮮王朝を建国する(1392年)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスマンのための近現代史
共産主義はなぜ全世界に広がらなかったのか
「日本は特別」と考える理由は天皇の存在
亡国のポピュリズム、今よみがえる戦前の影
ワイマール共和国からナチズムへ転落のなぜ
反共からポピュリズムへ、支持集める国民戦線
内向きになるとき、国家は領土にしがみつく
大国に挟まれた韓国のナショナリズムと世界観
共産党一党独裁下の大衆扇動が招いた悲劇
中国の権力闘争は二千年来の歴史からの必然
米国/反権威としてのトランプ、米国の大衆性
勢いづくポピュリズムの対立軸を読み解く
▶▶Part2 近現代史が語る時代への教訓
国家、保護主義、ナショナリズムがわかる
産業革命、市民革命、国民国家、民法典が大事
ビジネスマンのための「なるほど歴史講座」
2世紀ぶりに世界の中心は欧米からアジアへ
▶▶Part1「いま」がわかる歴史の読み方
ナショナリズム、ポピュリズム、保護主義
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内