有料会員限定

中国/毛沢東が引き起こした文化大革命の禍根 共産党一党独裁下の大衆扇動が招いた悲劇

印刷
A
A
紅衛兵は毛沢東の写真を掲げ、文化大革命に熱狂した(時事)

特集「ビジネスマンのための近現代史」の他の記事を読む

米大統領選でトランプ当選が決まったとき、中国の「人民日報」系のタブロイド紙「環球時報」は「米国に文化大革命が起こった」との趣旨の社説を掲載した。この社説は、皮肉でも批判でもなく、中国人の偽らざる感情、率直な見方を表しているといってよいだろう。

トランプは大金持ちであるが、白人貧困層の味方であるように振る舞い、当選を果たした。彼の発言の中に「アメリカを再び偉大な国に」とのフレーズがあるが、これは中国の習近平・共産党総書記が声高に叫ぶ「中華民族の偉大な復興」と重なる。その背景にある、国粋主義的で自民族中心的な性質もよく似ている。

習は、建国の父であり文化大革命を主導した毛沢東を精神的、思想的な師としている。環球時報は批判的な文脈でなく、トランプ、習、毛の共通性を感じ取ったのであろう。大衆を味方につけ、扇動することを通じて、自らの政治的立場を強くするという点で3人は似ている。

毛沢東という政治家は、大衆を扇動することにかけては天才的な才能を発揮した。そして、毛によって発動された文化大革命(1966〜76年)は、中国に多大な災禍をもたらした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスマンのための近現代史
共産主義はなぜ全世界に広がらなかったのか
「日本は特別」と考える理由は天皇の存在
亡国のポピュリズム、今よみがえる戦前の影
ワイマール共和国からナチズムへ転落のなぜ
反共からポピュリズムへ、支持集める国民戦線
内向きになるとき、国家は領土にしがみつく
大国に挟まれた韓国のナショナリズムと世界観
共産党一党独裁下の大衆扇動が招いた悲劇
中国の権力闘争は二千年来の歴史からの必然
米国/反権威としてのトランプ、米国の大衆性
勢いづくポピュリズムの対立軸を読み解く
▶▶Part2 近現代史が語る時代への教訓
国家、保護主義、ナショナリズムがわかる
産業革命、市民革命、国民国家、民法典が大事
ビジネスマンのための「なるほど歴史講座」
2世紀ぶりに世界の中心は欧米からアジアへ
▶▶Part1「いま」がわかる歴史の読み方
ナショナリズム、ポピュリズム、保護主義
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内