有料会員限定

中国 権力闘争の必然 中国の権力闘争は二千年来の歴史からの必然

印刷
A
A
全体会議に出席する習近平国家主席ら中国共産党幹部(Photoshot/時事)

特集「ビジネスマンのための近現代史」の他の記事を読む

中国の歴史でまず思い浮かぶのは、2000年にわたる代々の王朝と皇帝であろう。漢文や唐物など、中国を表すおなじみの「漢」「唐」という言葉は王朝の名前であり、中国史上の著名な英雄は秦の始皇帝や三国志の曹操・劉備はじめ、その多くは皇帝となった人物たちにほかならない。

西方でもたとえばローマの歴史は、カエサル、アウグストゥス、ネロ、五賢帝、コンスタンティヌス、テオドシウスなどは皇帝の事蹟ストーリーで描くことができる。中国の歴史もそれと同じ。王朝・皇帝の系譜をたどれば、大づかみな筋道がわかる。そもそも当時の史書も、そのようにでき上がった。代表的な正史あるいは二十四史とは、皇帝をトップとする王朝政権の履歴書である。皇帝の君臨・王朝の統治こそ、中国の歴史そのものに等しかった。

歴史をつづるデータからそうなっているわけで、現代でも使う「唐代」「漢の武帝」とかいう用語・呼称も、そこに由来している。こうした観念は、中国の土地・人々ばかりでなく、われわれ異邦人の頭脳・意識にまでしみ付いたものだといってもよい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ビジネスマンのための近現代史
共産主義はなぜ全世界に広がらなかったのか
「日本は特別」と考える理由は天皇の存在
亡国のポピュリズム、今よみがえる戦前の影
ワイマール共和国からナチズムへ転落のなぜ
反共からポピュリズムへ、支持集める国民戦線
内向きになるとき、国家は領土にしがみつく
大国に挟まれた韓国のナショナリズムと世界観
共産党一党独裁下の大衆扇動が招いた悲劇
中国の権力闘争は二千年来の歴史からの必然
米国/反権威としてのトランプ、米国の大衆性
勢いづくポピュリズムの対立軸を読み解く
▶▶Part2 近現代史が語る時代への教訓
国家、保護主義、ナショナリズムがわかる
産業革命、市民革命、国民国家、民法典が大事
ビジネスマンのための「なるほど歴史講座」
2世紀ぶりに世界の中心は欧米からアジアへ
▶▶Part1「いま」がわかる歴史の読み方
ナショナリズム、ポピュリズム、保護主義
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内