有料会員限定

黒田日銀「異次元の金融緩和」の本当の効果 物価下落に逆戻りでいよいよ正念場の金融政策

印刷
A
A
東短リサーチ社長 加藤 出
かとう・いずる●1988年横浜国立大学経済学部卒業、東京短資入社。『日銀は死んだのか?』『バーナンキのFRB』など著書多数。2013年から現職。(撮影:梅谷秀司)

特集「経済の新常識」の他の記事を読む

今の日本銀行は非常に厳しい状況に立たされています。物価上昇率2%を2年程度で達成するという目標を掲げ、黒田東彦総裁が「量的・質的金融緩和」と名付けた異次元の金融緩和を始めたのが2013年4月。当初こそ物価上昇率は高まりましたが、その後に息切れし、足元でCPI(消費者物価指数、生鮮食品除く)は前年同月比でマイナス圏に逆戻りしました。

[図表1]

早期実現の約束が追加緩和期待を招く

14年夏以降の物価上昇率低下は原油相場下落の影響がかなり大きいといえます。ただ、日銀が「基調的なインフレ率を捕捉するための指標」として毎月公表している、エネルギー価格の影響を除いたCPIを見ても、下降トレンドです。

異次元緩和の開始前、日銀が供給するおカネ(マネタリーベース)は約130兆円でした。13年4月以降、大量の国債買い入れによる資金供給を行った結果、現在では3倍以上に膨らみ400兆円を突破しています(図表1)。FRB(米国連邦準備制度理事会)の資産規模がGDP(国内総生産)比で25%程度なのに対し、日銀のそれは約9割。海外の中央銀行に比べて、異次元緩和の規模がいかに大きいのかがわかります。それでも物価は思うように上がってはいないのです。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経済の新常識
日銀vs内閣府、統計論争の結論はどうなった
毎月25日から月末に調査、翌月6営業日発表
値上げ効果一巡で息切れ、特売が価格を下押し
考えるのが景気か相場かで、見る指標が異なる
あらゆる仕事の基本となる統計理論をマスター
景気動向はこの3指標をチェックすれば大丈夫
経済学の大家、吉川洋・立正大学教授が憂う
必要なのは「期待」よりアニマルスピリット
ケインズ「不確実性」を否定する現在の主流派
行動経済学やゲーム理論で人間心理が丸わかり
国債保有多いゆうちょや信金・信組に要注意
3年前からすでにマーケットの様相は様変わり
三菱東京UFJ特別参加者返上もボディブロー
日銀OBの岩田一政氏、須田美矢子氏がしかる
17年度中に物価上昇率2%達成ならどうなる
物価下落に逆戻りでいよいよ正念場の金融政策
総額28兆円の大型経済対策に根拠はあるのか
リーマン後大盤振る舞いも先進国最低の成長率
円高がここまで進んだ理由を経済理論で考える
いまや外国人投資家に代わって株式市場の主役
安倍政権は非常時対応から構造改革に転換せよ
日銀の「総括検証」で金融政策はこう変わる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内