有料会員限定

ビジネスにも活用できるデータ分析のコツ伝授 あらゆる仕事の基本となる統計理論をマスター

印刷
A
A

「根拠となるデータは?」。仕事の企画・提案を行ううえで、こんな問いをよく投げかけられるのではないだろうか。データはあらゆる仕事の基本。そしてここ数年、数量的思考力を高めようとするビジネスパーソンが増えている。

2015年6月に総務省統計局と統計研修所が開講した「社会人のためのデータサイエンス入門」講座。統計研修所が長年積み上げてきたノウハウをベースに、統計学の基礎やデータの見方・分析手法を学ぶ。受講者は延べ3.4万人超、上級講座と合わせると5万人を超えた。人気の高まりを受け、統計局は今年12月にも再度講座を開く予定だ。

外れ値があると平均値は大きくぶれる

ここからはビジネスパーソンがデータを分析する際に必要な統計の基礎知識をざっとおさらいしよう。

データを読み解く基本として代表値、②比率、③標準偏差、④相関係数、⑤回帰分析などが挙げられる。

代表値は、データの特徴を簡潔に表現した数値のことだ。ある地域で100万円ごとに分けた各世帯収入を示すヒストグラムを描いてみる。全世帯の平均収入を示すのが平均値で、各データを小さい順から並べて中央に来るデータの値が中央値。最も件数が多いデータの値が最頻値である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経済の新常識
日銀vs内閣府、統計論争の結論はどうなった
毎月25日から月末に調査、翌月6営業日発表
値上げ効果一巡で息切れ、特売が価格を下押し
考えるのが景気か相場かで、見る指標が異なる
あらゆる仕事の基本となる統計理論をマスター
景気動向はこの3指標をチェックすれば大丈夫
経済学の大家、吉川洋・立正大学教授が憂う
必要なのは「期待」よりアニマルスピリット
ケインズ「不確実性」を否定する現在の主流派
行動経済学やゲーム理論で人間心理が丸わかり
国債保有多いゆうちょや信金・信組に要注意
3年前からすでにマーケットの様相は様変わり
三菱東京UFJ特別参加者返上もボディブロー
日銀OBの岩田一政氏、須田美矢子氏がしかる
17年度中に物価上昇率2%達成ならどうなる
物価下落に逆戻りでいよいよ正念場の金融政策
総額28兆円の大型経済対策に根拠はあるのか
リーマン後大盤振る舞いも先進国最低の成長率
円高がここまで進んだ理由を経済理論で考える
いまや外国人投資家に代わって株式市場の主役
安倍政権は非常時対応から構造改革に転換せよ
日銀の「総括検証」で金融政策はこう変わる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内