有料会員限定

日本経済の今を「総括検証」 日銀の「総括検証」で金融政策はこう変わる

印刷
A
A

日本銀行が総括的検証を行い、政府は28兆円規模の経済対策を打ち出した。経済政策は今や何でもあり。日本経済の常識が大きく変わろうとしている。

(本誌:野村明弘、猪澤顕明、福田恵介、井下健悟、並木厚憲)
写真:サプライズを繰り返してきた日銀の黒田総裁。市場とどう対話するか

世界中の市場関係者から注目を集めた日本銀行の金融政策に対する総括検証。日銀は「量的・質的金融緩和」(QQE)で経済と物価が好転し、デフレではなくなったという見解を示した。

だが、2013年にブチ上げた2年で2%を達成するという物価目標が実現できていない。QQEは膨大な長期国債を買い入れ、金利を引き下げ、人々の物価予想を引き上げるのが狙いだった。しかし、人々のデフレマインドはなかなか変わらなかった。

そこで今回、9月21日の総括検証の発表に併せて日銀は金融政策の枠組みを作りかえた。ポイントは市場金利の“支配”だ。量の目標は捨て、短期金利に加えて長期金利も政策目標に含める前例のない形だ。

長期金利を牛耳る日本銀行の新常識

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
経済の新常識
日銀vs内閣府、統計論争の結論はどうなった
毎月25日から月末に調査、翌月6営業日発表
値上げ効果一巡で息切れ、特売が価格を下押し
考えるのが景気か相場かで、見る指標が異なる
あらゆる仕事の基本となる統計理論をマスター
景気動向はこの3指標をチェックすれば大丈夫
経済学の大家、吉川洋・立正大学教授が憂う
必要なのは「期待」よりアニマルスピリット
ケインズ「不確実性」を否定する現在の主流派
行動経済学やゲーム理論で人間心理が丸わかり
国債保有多いゆうちょや信金・信組に要注意
3年前からすでにマーケットの様相は様変わり
三菱東京UFJ特別参加者返上もボディブロー
日銀OBの岩田一政氏、須田美矢子氏がしかる
17年度中に物価上昇率2%達成ならどうなる
物価下落に逆戻りでいよいよ正念場の金融政策
総額28兆円の大型経済対策に根拠はあるのか
リーマン後大盤振る舞いも先進国最低の成長率
円高がここまで進んだ理由を経済理論で考える
いまや外国人投資家に代わって株式市場の主役
安倍政権は非常時対応から構造改革に転換せよ
日銀の「総括検証」で金融政策はこう変わる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内