有料会員限定

認知症でも薬を減らしたほうがよい場合がある 1日10種類以上の薬を飲んだら副作用が心配

印刷
A
A
認知症患者が髙瀬医師の元を訪れてから、多剤処方が明確になることも多い(撮影:今井康一)

特集「納得のいく死に方 医者との付き合い方」の他の記事を読む

私は現在およそ350人の認知症患者の訪問診療を行っているが、初日にまず着手するのが、薬の整理だ。認知症患者は高齢になるほどさまざまな疾患を抱え、複数の薬を飲んでいる。1日10種類以上の薬を飲んでいる「多剤併用」の状態であることも多い。

どんな薬にも副作用があるが、多剤併用ではそのリスクも大きくなる。東京大学の秋下雅弘教授グループの研究では、高齢者は多剤併用で副作用が強く出やすいとのデータがあり、認知症治療でも多剤併用を続けているとうまくいかなくなる。だから私は、患者や家族と相談しながら、薬の量を最低限に減らす努力をしている。いわば「減薬」「節薬」だ。1日6剤以下に減らすことが理想とされている。

高齢者の増加とともに、認知症患者も増えている。日本の医療保険は国民皆保険で、患者が自分の判断でどの医療機関も選択できるフリーアクセス。世界にも例のない評価の高い制度だが、患者に処方する薬が多くなる多剤処方が起こりやすいことが問題視されてきた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
納得のいく死に方 医者との付き合い方
土井丈朗・慶応義塾大教授が医療費問題を斬る
厚労省、WHOも経験した濃沼信夫教授に聞く
患者急増、医療の人材難、財源不足の三重苦
あなたなら「終の住処」はどこを選びますか
65歳以上の患者に年間1.6兆円の医療費
このままでは「姥捨山」の復活しかなくなる
1日10種類以上の薬を飲んだら副作用が心配
健康なくせに幸せでない高齢者が増えている
日本の薬の使われ方は世界的に見ても非常識
検診だけ異常あり、寿命のほうが早いリスクも
『週刊現代』医療キャンペーン記事の教訓とは
東大特任准教授に「人生の最終段階」を聞く
特別養護老人ホーム医師が納得いく最期を提言
「死の質」ランキングで堂々の世界トップ獲得
日本医師会、横倉会長に終末期医療を直撃
いつから終末期? 延命治療やめたら殺人罪?
700人を看取った在宅医からの終末期報告
上野千鶴子氏が語る「おひとりさまの最期」
病院から自宅まで、死と向き合う人々の肉声
超高齢社会に突入する医療大国日本への処方箋
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内