有料会員限定

首都圏の高齢者はどこで最期を迎えているのか 病院から自宅まで、死と向き合う人々の肉声

印刷
A
A

高齢者はどこで、どのように最期を迎えているのか。日本人の「死に際」の現実。

一般的には、最重症期間を脱すれば救命救急センターを出て、院内の別の科や別の病院に移る。高齢者はその後、病院で亡くなるケースが少なくない(撮影:今井康一)

特集「納得のいく死に方 医者との付き合い方」の他の記事を読む

東京都墨田区にある東京都立墨東病院。生命に危機が及ぶ重篤な患者を受け入れる救命救急センターを備え、年間3000人弱と、都内随一の受け入れ数を誇る。

夜の8時を過ぎても、救命救急センターには、まぶしいほどの明かりが煌々(こうこう)と灯っていた。

「今日は比較的、若いな」。救急搬送されてきた患者の概況が記されたホワイトボードを横目に、救命救急センター部長の濱邊祐一医師がつぶやく。「60歳、70歳、85歳。これでもずいぶん若いよ。時期によっては90代の方もいるからね」。

白い廊下の両側には24床のベッドがずらりと並んでいる。その一角から、にぎやかな声が聞こえた。数日前にマンションのベランダから転落したものの、奇跡的に軽傷で済んだという男児だ。ベッドの上に絵本を広げ、看護師と遊んでいる。

だが、廊下を挟んだ反対側は打って変わって静まり返っている。人工呼吸器や人工透析機器、ありとあらゆる装置につながれ横たわる高齢の患者たちは、ピクリとも動かない。ピンポーン、ピンポーンと、装置の音が、フロアのどこかでひっきりなしに鳴り続けるのが聞こえるだけだ。「救急搬送がないときは比較的、静かなんですよ。機械ばかりで、まるで工場みたいだ」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
納得のいく死に方 医者との付き合い方
土井丈朗・慶応義塾大教授が医療費問題を斬る
厚労省、WHOも経験した濃沼信夫教授に聞く
患者急増、医療の人材難、財源不足の三重苦
あなたなら「終の住処」はどこを選びますか
65歳以上の患者に年間1.6兆円の医療費
このままでは「姥捨山」の復活しかなくなる
1日10種類以上の薬を飲んだら副作用が心配
健康なくせに幸せでない高齢者が増えている
日本の薬の使われ方は世界的に見ても非常識
検診だけ異常あり、寿命のほうが早いリスクも
『週刊現代』医療キャンペーン記事の教訓とは
東大特任准教授に「人生の最終段階」を聞く
特別養護老人ホーム医師が納得いく最期を提言
「死の質」ランキングで堂々の世界トップ獲得
日本医師会、横倉会長に終末期医療を直撃
いつから終末期? 延命治療やめたら殺人罪?
700人を看取った在宅医からの終末期報告
上野千鶴子氏が語る「おひとりさまの最期」
病院から自宅まで、死と向き合う人々の肉声
超高齢社会に突入する医療大国日本への処方箋
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内