有料会員限定

高齢者医療に忍び寄る崩壊のカウントダウン 患者急増、医療の人材難、財源不足の三重苦

印刷
A
A

[ポイント1]
日本の医療費は対GDP比で世界3位。高齢者急増で現役世代の負担が限界。ベッド数などから見て過剰診療、過剰受診との声も。

[ポイント2]
後期高齢者の医療費の5割は税金と赤字国債で、将来世代への負担つけ回し。今後は高齢者の本人負担も上げざるをえない情勢に。

[ポイント3]
看護師や介護福祉士の不足が深刻。言語の壁あり外国人採用は少ない。訪問介護や在宅医療を支える住宅政策との連携が求められる。

 

特集「納得のいく死に方 医者との付き合い方」の他の記事を読む

「さすがにこのままでは日本の医療はもたない」。現場の医師たちがこぞって声を上げ始めた。

引き金をひいたのが、1人年間3500万円もかかるがん治療薬オプジーボだ。日本赤十字社医療センターの国頭英夫医師は「よく効くから使わなければいけないが、ひどく高額だ。このままでは国家全体が破産してしまう」と警鐘を鳴らす(本誌6月4日号「がんとお金」)。

高齢者が数多く運び込まれる救命救急医療の現場も「このまま手をこまぬいていると、若い人も共倒れになってしまう。湯水のごとく医療費を消費するようなぜいたくを、いったいいつまで続けられるのか」(東京都立墨東病院救命救急センターの濱邊祐一部長)と危機感をあらわにする(→関連記事へ)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
納得のいく死に方 医者との付き合い方
土井丈朗・慶応義塾大教授が医療費問題を斬る
厚労省、WHOも経験した濃沼信夫教授に聞く
患者急増、医療の人材難、財源不足の三重苦
あなたなら「終の住処」はどこを選びますか
65歳以上の患者に年間1.6兆円の医療費
このままでは「姥捨山」の復活しかなくなる
1日10種類以上の薬を飲んだら副作用が心配
健康なくせに幸せでない高齢者が増えている
日本の薬の使われ方は世界的に見ても非常識
検診だけ異常あり、寿命のほうが早いリスクも
『週刊現代』医療キャンペーン記事の教訓とは
東大特任准教授に「人生の最終段階」を聞く
特別養護老人ホーム医師が納得いく最期を提言
「死の質」ランキングで堂々の世界トップ獲得
日本医師会、横倉会長に終末期医療を直撃
いつから終末期? 延命治療やめたら殺人罪?
700人を看取った在宅医からの終末期報告
上野千鶴子氏が語る「おひとりさまの最期」
病院から自宅まで、死と向き合う人々の肉声
超高齢社会に突入する医療大国日本への処方箋
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内