有料会員限定

盛田家御曹司の大失態 公私混同発覚で辞任

印刷
A
A

ソニー創業家の嫡男は最後の砦からもついに放逐されてしまった。昨年12月9日、故・盛田昭夫氏の長男、英夫氏(63)は東証2部上場企業、ジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA)の会長を辞任した。過去、数々の大型投資に失敗し、一族の財産を食い潰してきた同氏にとってJFLAは残された本丸。しかし公私混同による不祥事が発覚し、とうとうそこからも追われる結末となった。

疑惑が持ち上がったのは昨年夏のことだ。監査法人が会計監査の作業を進める中、ある貸付先をめぐる資金移動が問題視された。貸付先は飲食会社「モリタフードサービス」。2012年当時、英夫氏が米国ハワイの資産管理会社を通じ全額出資する個人会社だった。同年9月末時点でJFLAは2億4600万円を貸し込んでいた。

特集「ソニー 熱狂なき復活」の他の記事を読む

同年10月9日、モリタフードは一部事業を同業の「子(ね)の日(ひ)」に譲渡、代金3億3000万円を受け取った。JFLAによる貸し付け条件は不明だが、本来ならその時点で返済を求めてもよいはずだ。しかしわずか6日後、モリタフードは受取代金の大半、2億6000万円を英夫氏が代表取締役を務め実質支配する資産管理会社「盛田アセットマネジメント」に貸し付けてしまった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内