有料会員限定

イノベーションを再び起こせるか 社長直轄で新規事業創出

印刷
A
A

テレビやデジタルカメラなどかつての主役が衰退していく中、次世代を担う製品の開発が急務になっているソニー。目下、平井一夫社長の直轄で新規事業を創出するプロジェクトを加速させている。

ソニーは2015年7月にクラウドファンディングサイト「First Flight(ファーストフライト)」を立ち上げた。これは自分が開発したい製品のアイデアを実現するために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の提供を募るものだ。

特集「ソニー 熱狂なき復活」の他の記事を読む

決済こそヤフージャパンとの共同展開だが、ファーストフライトで扱うのはソニーのプロジェクトだけ。開発担当はすべてソニー社員だ。同社の実験的な新規事業を定期的に提案する場となっている。

目標額の10倍を集めたスマート時計

扱う製品は普通の家電とはちょっと違う。電子ペーパーを使った学習リモコン「HUIS REMOTE CON-TROLER(ハウスリモートコントローラー)」や、同じく電子ペーパーで盤面とバンドを変更できる腕時計「FES WATCH(フェスウォッチ)」、タブレットと組み合わせることでドアからゴミ箱まであらゆる機器をIoT(モノのインターネット)にしてしまうDIYキット「MESH(メッシュ)」など、ユニークな発想の製品が並ぶ。中には5種類の香りを非常に狭い範囲に好きなタイミングで発生させる個人用アロマ発生器「AROMASTIC(アロマスティック)」のように、ソニーが扱う家電機器のイメージを超えたものもある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内