有料会員限定

VAIOはどこへ行く? 切り離されて1年半

印刷
A
A
長野・安曇野にある小さなPCメーカーになったVAIO。付加価値の高いPCに特化している

特集「ソニー 熱狂なき復活」の他の記事を読む

業績不振に苦しんでいたソニーのパソコン(PC)事業を投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)が買収、新会社として発足したVAIO。2014年7月の発足から1年半で再び転機を迎えている。東芝、富士通のPC事業と統合するとの観測が浮上している。東芝、富士通は「他社との事業再編は選択肢の1つ」としており、それに合わせてJIPが売却に動いても不思議ではない。

ただし低価格品から高付加価値品までさまざまなラインナップをそろえ、シェアも高い東芝、富士通(図)とVAIOでは事業の規模や構造が大きく異なる。

[図]
拡大する

設立1年で社長が交代

ソニー時代のVAIOは約1100人の社員を擁する事業体だったが、現在はソニーおよび同社の製造子会社から移籍した240人体制の小さなPCメーカーだ。今期の出荷台数は30万台規模と最盛期の30分の1。拡大路線に失敗して事業売却に至った反省から、シェアは追わず、薄型・軽量のモデルなどラインナップを高付加価値品に集中。クリエーター向けに特化した製品を投入するなど特定の市場で存在感を発揮している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内