有料会員限定

ソニーを継ぐ者は誰か 平井6月退任へのカウントダウン

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15
拡大
縮小
腕相撲を楽しむ井深大(右)と盛田昭夫。技術者・経営者としての2人の手腕が、ソニーを育てた。企業は経営トップで決まるのだ(KPS)

特集「ソニー 熱狂なき復活」の他の記事を読む

「今年こそ本当に復活です」──2016年元旦、ソニーの社員や取引先に届いた年賀状にはこんな言葉があった。差出人は鈴木智行。エンジニア出身で昨年4月に副社長に昇格、デバイス事業と研究開発を担当している。静岡大学で電子工学を学び、キャリアのほとんどを神奈川・厚木などの撮像素子半導体(CCD、CMOS)生産拠点工場で積み重ねたという、近年珍しいたたき上げの経営幹部。彼が今、エレクトロニクス系の社員の間で急速に求心力を高めている。

福島県郡山にある電池子会社のソニーエナジー・デバイス。鈴木は14年春から昨年3月まで同社の社長を務めていたが、着任早々、ここの社員食堂に巨大なパネルを掲げた。それは創業者の盛田昭夫と井深大が腕相撲を楽しむ姿をとらえた写真(上)。社員なら誰もが両人に対する敬慕の念をかき立てられる1枚だ。鈴木はこの写真に、業績不振と売却観測に意気消沈していた電池部門への激励を込めたのである。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内