【産業天気図・石油】原油高を追い風に好調。今年いっぱいは安定か

1バレル=50ドル台(WTI)目前にまで迫るなど、1991年の湾岸戦争以来の最高値を更新した原油価格。石油各社としては今まで、原油高を石油製品には転嫁できず、合理化で吸収するしかなかった。ところが今回、特にガソリンは前期の1リットル=90円台から、今年9月には120円にまで肉薄している。この“追い風”もあり、石油各社の業績は好調だ。
 原油高は増収要因となるだけでなく、在庫評価の改善も伴い、収益をカサ上げする。すでに新日本石油と昭和シェル石油、新日鉱ホールディングスが増額修正を行った。しかも新日石の営業増益率は前期比2.4倍、昭シェルは8.6%増、コスモ石油が55%増と、各社、増益決算を見込んでいる。
 だが、原油価格は“水モノ”。テロや事故で上昇する半面、投機資金の売り逃げで一挙に暴落する可能性もある。ひとたび原油価格が下がれば、石油製品への下落圧力も出かねない。
 少なくとも年内は高止まりが予想され、「晴れ」と見られるが、その先は極めて不透明。空模様は「晴れ時々くもり」といった状況だ。
【大崎明子記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。