【産業天気図・石油】原油高を追い風に好調。今年いっぱいは安定か

1バレル=50ドル台(WTI)目前にまで迫るなど、1991年の湾岸戦争以来の最高値を更新した原油価格。石油各社としては今まで、原油高を石油製品には転嫁できず、合理化で吸収するしかなかった。ところが今回、特にガソリンは前期の1リットル=90円台から、今年9月には120円にまで肉薄している。この“追い風”もあり、石油各社の業績は好調だ。
 原油高は増収要因となるだけでなく、在庫評価の改善も伴い、収益をカサ上げする。すでに新日本石油と昭和シェル石油、新日鉱ホールディングスが増額修正を行った。しかも新日石の営業増益率は前期比2.4倍、昭シェルは8.6%増、コスモ石油が55%増と、各社、増益決算を見込んでいる。
 だが、原油価格は“水モノ”。テロや事故で上昇する半面、投機資金の売り逃げで一挙に暴落する可能性もある。ひとたび原油価格が下がれば、石油製品への下落圧力も出かねない。
 少なくとも年内は高止まりが予想され、「晴れ」と見られるが、その先は極めて不透明。空模様は「晴れ時々くもり」といった状況だ。
【大崎明子記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT