スカイマーク、“二股提携”の皮算用

第三極として存在感は守れるのか?

西久保慎一社長はJAL、ANAとの両天秤にどう決着をつける?(14年3月、撮影:今井康一)

両社とのコードシェアによって、スカイマークは年最大160億円の増収効果をはじいている。さらには財務基盤の強化のため、国内外のファンド数社向けに「第三者割当増資を検討している」という。同社は9月末で現預金が45億円しかなく、手元資金の確保が急務になっている。今後予想される、エアバスからの解約違約金なども見据え、増資を考えたもようだ。

 JAL、ANA、それぞれとの単独提携か、3社での共同提携か。政治からの横やりなどもあり、第三極としての存在感を維持することができるか、まだ定かではない。スカイマークの正念場は当分続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT