スカイマーク、“二股提携”の皮算用

第三極として存在感は守れるのか?

西久保慎一社長はJAL、ANAとの両天秤にどう決着をつける?(14年3月、撮影:今井康一)

両社とのコードシェアによって、スカイマークは年最大160億円の増収効果をはじいている。さらには財務基盤の強化のため、国内外のファンド数社向けに「第三者割当増資を検討している」という。同社は9月末で現預金が45億円しかなく、手元資金の確保が急務になっている。今後予想される、エアバスからの解約違約金なども見据え、増資を考えたもようだ。

 JAL、ANA、それぞれとの単独提携か、3社での共同提携か。政治からの横やりなどもあり、第三極としての存在感を維持することができるか、まだ定かではない。スカイマークの正念場は当分続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。