スカイマーク、“二股提携”の皮算用

第三極として存在感は守れるのか?

西久保慎一社長はJAL、ANAとの両天秤にどう決着をつける?(14年3月、撮影:今井康一)

両社とのコードシェアによって、スカイマークは年最大160億円の増収効果をはじいている。さらには財務基盤の強化のため、国内外のファンド数社向けに「第三者割当増資を検討している」という。同社は9月末で現預金が45億円しかなく、手元資金の確保が急務になっている。今後予想される、エアバスからの解約違約金なども見据え、増資を考えたもようだ。

 JAL、ANA、それぞれとの単独提携か、3社での共同提携か。政治からの横やりなどもあり、第三極としての存在感を維持することができるか、まだ定かではない。スカイマークの正念場は当分続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT