睡眠の科学 なぜ眠るのか なぜ目覚めるのか 櫻井武著

睡眠の科学 なぜ眠るのか なぜ目覚めるのか 櫻井武著

ヒトは生涯の3分の1を眠って過ごす。なぜ眠る必要があるのか。このいまだ解明し切れていない問いに、睡眠研究の第一人者が迫る。

睡眠は「脳のメンテナンスのために必要」であることまではわかっている。睡眠にはノンレム睡眠(感覚系、運動系とも眠る)とレム睡眠(運動系のみ眠る)の2種類があり、眠る時間は歳を取るにしたがって減り、60代以降になるとノンレム睡眠はほとんど見られなくなるという。

脳内シナプスが「最適化」され、脳全体のシナプス強度が元に戻ることによって、精神の健康を保つことは、ノンレム睡眠時にしかできない。レム睡眠では大脳辺縁系が活性化され、記憶を重要性により整理すると仮説を立てる。

講談社ブルーバックス 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。