睡眠の科学 なぜ眠るのか なぜ目覚めるのか 櫻井武著

睡眠の科学 なぜ眠るのか なぜ目覚めるのか 櫻井武著

ヒトは生涯の3分の1を眠って過ごす。なぜ眠る必要があるのか。このいまだ解明し切れていない問いに、睡眠研究の第一人者が迫る。

睡眠は「脳のメンテナンスのために必要」であることまではわかっている。睡眠にはノンレム睡眠(感覚系、運動系とも眠る)とレム睡眠(運動系のみ眠る)の2種類があり、眠る時間は歳を取るにしたがって減り、60代以降になるとノンレム睡眠はほとんど見られなくなるという。

脳内シナプスが「最適化」され、脳全体のシナプス強度が元に戻ることによって、精神の健康を保つことは、ノンレム睡眠時にしかできない。レム睡眠では大脳辺縁系が活性化され、記憶を重要性により整理すると仮説を立てる。

講談社ブルーバックス 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。