睡眠の科学 なぜ眠るのか なぜ目覚めるのか 櫻井武著

睡眠の科学 なぜ眠るのか なぜ目覚めるのか 櫻井武著

ヒトは生涯の3分の1を眠って過ごす。なぜ眠る必要があるのか。このいまだ解明し切れていない問いに、睡眠研究の第一人者が迫る。

睡眠は「脳のメンテナンスのために必要」であることまではわかっている。睡眠にはノンレム睡眠(感覚系、運動系とも眠る)とレム睡眠(運動系のみ眠る)の2種類があり、眠る時間は歳を取るにしたがって減り、60代以降になるとノンレム睡眠はほとんど見られなくなるという。

脳内シナプスが「最適化」され、脳全体のシナプス強度が元に戻ることによって、精神の健康を保つことは、ノンレム睡眠時にしかできない。レム睡眠では大脳辺縁系が活性化され、記憶を重要性により整理すると仮説を立てる。

講談社ブルーバックス 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT