イノベーションの知恵 野中郁次郎・勝見明著 ~場に即した最高の解を見いだすための事例集


 事例の一つひとつがユニークであり、示唆に富む。京都堀川高校の二兎を追う試み、霞ヶ浦のアサザによる浄化、社会福祉法人・むそうの知的障害者活用の仕組み、銀座のミツバチプロジェクトなど、あまり知られていない事例が感動的だ。一つだけ例を挙げると、「重い障害を持った人たちがいつか亡くなったとき、まちのみんなが大泣きをする。目指すのはそんな地域のあり方」と語るくだりがある。

冒頭の「演繹的、論理分析的アプローチからはイノベーションは生まれない」「登場する(ケースの)主人公たちが、誰にも負けなかったのは、世のため人のためという根源的な思い」「そんなリーダーたちだからこそ、共振・共感・共鳴を呼び起こす」から、巻末の「経営はサイエンスである反面、アートである」、「個と全体が両立する状態にあるとき、組織は最も創造性と効率性を発揮する」などまで、数頁ごとに印象的なコメントが潤沢にちりばめられている。

著者たちのいうコトは「経験」とも表現され、身体性はハイタッチ(高密度の接触性)にも通じる。「リーダーにとって大切なのは場のマネジメント」と言い切る本書は含蓄が深い。

のなか・なおじろう
一橋大学名誉教授、米クレアモント大学ドラッカースクール名誉スカラー、米カリフォルニア大学ゼロックス知識学特別名誉教授。1935年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。

かつみ・あきら
ジャーナリスト。1952年生まれ。東京大学教養学部中退。経済・経営分野を中心に執筆・講演活動を続ける。企業の組織運営、人材マネジメントに詳しい。

日経BP社 1890円 300ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。