有料会員限定

躍る!ブラジル 中国、インドの次はここだ!

印刷
A
A

特集「躍る!ブラジル」の他の記事を読む

サンパウロのタクシー運転手は今、空前の好景気を謳歌している。「街中を流していてもかなり稼げるが、何といっても空港で待っているのがいちばんだね。国内線空港だと月に1万レアル(50万円)、国際空港なら1・5万レアル(75万円)稼ぐ仲間もいるよ」。地元運転手のパウロ氏は誇らしげに語る。

国際空港から一路米国へ。歴史的なドル安レアル高を背景に、米国各地にはブラジル人旅行者があふれている。2010年にニューヨークを訪れたブラジル人旅行者数は前年比3割も増えた。あるブラジル人男性は、赤ん坊のためにマイアミまで飛び、哺乳瓶からチャイルドシートまで、あらゆる乳児用品を買い込んだという。米高級化粧品メーカーのエスティローダーの空港免税店では、ブラジル人客増を見込んで、ポルトガル語に堪能な店員を次々に採用している。国内市場では吸収しきれなくなったブラジル国民の爆発的な消費需要は、すでに海外へとあふれ出している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
躍る!ブラジル
ディスクローズ先進国! あらゆる情報が手に入る
ブラジル版会社四季報
ぜひ覚えておきたい
完全保存版
どうなった? 日系ブラジル人問題
チャンスはアジアにあり
迫力のブラジル式経営と、残る課題
ブラジル再進出を決めたIHI
世界に類なき親日国
出遅れ取り戻せ!まだ勝機はある
高分配金狙って投資家が殺到
インフレなき成長は可能か
2人のカリスマから引き継いだ夢
巨大油田発見!有数の石油資源国に
「世界の穀倉」に投資マネーが襲来!
だからロナウジーニョは帰国を決めた
重荷はすべてなくなった
目覚めた南米の大国 2億人の巨大需要
中国、インドの次はここだ!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内