有料会員限定

イシブラス撤退から17年目のラストチャンス ブラジル再進出を決めたIHI

印刷
A
A
石川島ブラジル造船所(イシブラス)は、中南米最大の造船会社として栄えた(撮影:ヒダキトモコ)

特集「躍る!ブラジル」の他の記事を読む

2010年11月1日、IHIは、ブラジル・リオデジャネイロに営業拠点となる現地法人を設立した。

IHI社内には、この日を特別な思いで迎えた幹部が何人もいた。IHIはかつて、ブラジルにおける造船事業で栄光と挫折を経験し、今もブラジルでは最も名が知られた日本企業の一つである。今回の現法設立はブラジルへの再進出宣言なのだ。

造船景気のさなか、超インフレが襲った

IHIが初めてブラジル・リオに造船子会社(石川島ブラジル造船所、略称イシブラス)を設けたのは、半世紀以上も前の1959年のこと。当時は石川島重工業(翌60年に播磨造船所と合併して石川島播磨重工業、07年からIHI)という社名で、海外展開はおろか輸出もあまりなかった時代。初めての本格的な海外進出先が、ブラジルだった。

それ以前、IHIはブラジルの国営石油会社ペトロブラスからタンカーを受注するなど、ブラジルとの取引関係が多少はあった。一方、ブラジルは国を挙げた開発計画の下、造船業の誘致・育成を図ろうとしており、当時、世界トップクラスの造船会社だった石川島重工に協力を要請してきた。これを受け、当時の故・土光敏夫社長が進出を決断した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
躍る!ブラジル
ディスクローズ先進国! あらゆる情報が手に入る
ブラジル版会社四季報
ぜひ覚えておきたい
完全保存版
どうなった? 日系ブラジル人問題
チャンスはアジアにあり
迫力のブラジル式経営と、残る課題
ブラジル再進出を決めたIHI
世界に類なき親日国
出遅れ取り戻せ!まだ勝機はある
高分配金狙って投資家が殺到
インフレなき成長は可能か
2人のカリスマから引き継いだ夢
巨大油田発見!有数の石油資源国に
「世界の穀倉」に投資マネーが襲来!
だからロナウジーニョは帰国を決めた
重荷はすべてなくなった
目覚めた南米の大国 2億人の巨大需要
中国、インドの次はここだ!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内